約ネバ

【約束のネバーランド】171話考察|ここでの「あの鬼」の復活は予想外!約束とごほうびについて【約ネバ】

2020年3月16日

この記事は約 4 分で読めるよ♪


まずは、逃げ惑うピーターラートリー。

もうこの人は助からないでしょう。

2000の王兵に助けを求めようと企みますが、王兵2000はグレイスフィールドの橋の外にいたようで、誰かに橋を壊され入れない模様。

この橋を壊した人物ですが、姿の見えないジンあたりではないかと思います。

おそらくこの暗躍している人物が、フィル達も救っておくという手はずなのではないでしょうか。

それにしても、ピーターラートリーが鬼に向かって、鳥でも蝙蝠でも食って飛んで来いと言っていたのは、少し笑ってしまいました。

あと、今回少し気になったのですが、ママたちの心臓のチップが機械で制御できるようなので、もしかしたら機能を停止できるのではないかと。

鬼のシステム機器を復旧して、ママたちの心臓のチップを全て無効化する。

それがもし叶うのであれば、ママたちも一緒に人間の世界へ渡ることができます。

なんだか今の流れ的に、すべてがハッピーエンドに向かっているような気がするので、その可能性は高めかも。

そしてなんとなんと、あの鬼が生きていました。

レウウィス大公。

私はもう半分諦めかけていましたが、なんとも裏をかかれたような気分です。

死体がなかったことで、生きている可能性はかなり高かったのですが、まさかここで登場してくるとは。

完全に盲点でした。

五摂家の家来ごときと言うあたり、権力は据え置いて通用する模様。

ソンジュを除けば、最後の王家ですからね。

しかも大公というのは、五摂家よりも上の存在。

この人が邪血を飲んだことで、レウウィスが王をやる流れになりそう。

エマたちにやられてからどうしていたのか気になりますが、レウウィスが動いた動機は、王家と五摂家がやられたことで、人間の支配になるのを防ぐため。

そして、エマたちのことを思っているような様子も見せていたので、何か心動かされるものがあったのでしょう。

そこにはユウゴの姿もありました。

このあたりについてもう少し、レウウィスの話を聞いてみたいところではあります。

あと、どうやってレウウィスが助かったのかについても、語ってほしいなと。

レウウィス自身は死んだと思ったようですが、パルウィスの顔をつまんでいることから、パルウィスが何かをしたようです。

あとは、先ほどレウウィスが王をやるのではないかと言いましたが、もしかしたらレウウィスは、ソンジュとムジカに王家を託す流れになるかも。

レウウィスは元々政治に興味はないですし、今さら王政について何かをやりたいとは思っていないでしょう。

今回はたまたま、人間の支配になるのを防ぎにきただけだと思います。

一旦場を治めたあとは、弟のソンジュに王政を任せていく流れになると、私は予想しておきます。

そこでは大僧正と四賢者が、新たに五摂家的な役割を担うことになるのでしょう。

余談ですが、今回ムジカがずっと口を開けていたのが可愛かった…♪

そして最後のシーンの、エマとピーターラートリーの対峙。

ピーターラートリーは、エマさえ殺せば約束を取り消しにできると考え、エマに近寄ろうとしています。

ここから次週でピーターラートリーが、エマの優しさにつけこむ流れになるかと思います。

多分エマは、ピーターラートリーの口車に、動揺させられてしまうでしょう。

でもノーマンかレイ、イザベラあたりが助けてくれるでしょう。

間違いなく、ここでエマが死んでしまうようなことはないはずです。

多分…

ノーマンは寿命があるということで、自分がピーターラートリーを殺して、手を汚すと言いだすような流れになるかも。

それを考えたら、イザベラもすでに子供を出荷して、手を汚しているから私がやると言いだすかも。

ここからの展開、おもしろくなりそうです。

ちなみに、約束についておさらいしておくと、エマたち食用児が人間の世界へ渡るということ、

そして鬼と人間の世界、二つの世界の行き来を、完全に不可能にするということ。

その二つの約束があります。

気になるのは、エマに課せられたごほうびですが、はたして一体なんなのでしょうか。

私はあえてここで、記憶という予想をしておこうかなと思います。

鬼と脳という繋がりからという、単純な理由ではありますが、どうも肉体とかそういった類ではないと思うからです。

人間の世界へ渡ったエマは記憶を奪われ、全てを忘れてしまう。

ノーマンがそこで生きているかどうかで、その後の展開は変わってきそうです。

ノーマンがもし死ぬとするなら、レイがエマを支えていくことになるでしょう。

ノーマンが無事に生きているとするなら、エマは全てを忘れたけど、またもう一度一から関係を築いていく。

そういった流れになるのではないでしょうか。

段々と終わりに近づく約ネバですが、最近は毎週がヒートアップしていて、すごく楽しめています。

ということで、今回の記事は以上です♪

-約ネバ

© 2020 ここなの研究所