鬼滅の刃

【鬼滅の刃】最終回迫る!無惨との決着はこうなる!?【きめつのやいば】

この記事は約 5 分で読めるよ♪


もしも今、無惨が人間に戻ったら。

最終決戦の決着は、一体どうなってしまうのか。

今回は、そのあたりについて考えていきます。

まずは、無惨が人間に戻る可能性について、考えてみましょう。

無惨が人間に戻る可能性は、二つの線から考えられます。

ひとつは、小芭内が青い彼岸花で、無惨が小芭内を吸収することにより、無惨が人間へと戻るという考察。

前回の記事で触れましたが、青い彼岸花は鬼の完全体を作り出すのではなく、人間へと戻す薬だということです。

そしてもうひとつは、ここにきて珠世の人間に戻る薬が、再び効き始めてくるという考察。

無惨が勝手に人間に戻るというのは考えられないので、あるとすればこの二つが考えられます。

それではひとつずつ、掘り下げていきましょう。

青い彼岸花

未だ伏線の回収がされていない、青い彼岸花について。

それが花なのか、それとも何か別のモノなのか。

そのあたりもハッキリとはしていません。

前の記事では、小芭内が青い彼岸花だという考察をしましたが、これは根拠になりそうなものはあれど、確定とまでは言い切ることができないものです。

それに、1000年以上前にあるとされた青い彼岸花が、どうして小芭内なのか。

そこも引っ掛かる部分です。

そこを無理やり考察するのであれば、小芭内が1000年以上続く一族の、末裔だとする考察があります。

青い彼岸花とされる一族の、末裔だということです。

これは結構無理やりな考察なので、どうかなとは思いますが。

あともう一つだけ、小芭内を青い彼岸花と考えられそうなものがあります。

それは、小芭内の青い目です。

青い目だから青い彼岸花。

そんな単純な理由です。

でも、今の流れ的にそのような展開はあるのかどうか。

やっぱりちょっと微妙かな。

珠世の薬

もうひとつ、無惨が人間に戻る可能性。

それは、珠世が無惨に投与した人間に戻る薬が、ここにきて効いてくるという展開。

珠世の薬による展開は、もはや何が起きてもおかしくはない状況。

ここにきて薬が効いてきたり、新たに新薬が登場する可能性もまだあります。

さすがにもう珠世展開はないでしょう。

そういう声も多くありますが、この先は誰にもわからない。

今回の考察は「無惨が人間に戻ったらどうなるのか」を考える考察です。

なので、一応ありそうな展開を考えています。

青い彼岸花が花という可能性は、1000年以上探しても見つからないことから、薄いと考えられます。

なので人間であり小芭内、もしくは禰豆子あたりがそうだという可能性も、0ではないと考えられます。

ということで、ここから本題の、無惨が人間に戻ったらを考えてみたいと思います。

展開予想

198話の最後、いよいよ夜が明け、日が昇るといった状況になってきました。

しかし199話で完全に日が昇るというのは、まだ少し考えにくい状況です。

というのも、まだ悲鳴嶼さんと義勇がいるからです。

さすがにこのまま決着がついて、あとから遅れて悲鳴嶼さんと義勇が登場するというのは、なんだか寂しい絵となってしまいます。

なので、次週では徐々に日が昇りはじめ、無惨は少しだけ消滅しかかるといった展開になるのではないかと。

そして、必死で逃げようとする無惨を全員で止め、悲鳴嶼さんや義勇もそこに参戦、最後まで無惨を止めることに成功する。

順当にいけば、そういった展開になるでしょう。

そして、ここからは私の妄想。

無惨をなんとか、日の光の下にとどめた鬼殺隊。

しかし、無惨は一向に消滅する様子を見せない。

おかしい。

日の光に当たっているのに。

無惨は、どういうわけか日の光を克服してしまっている。

それが小芭内をかじったことによるものなのか、薬の影響なのかどうかは不明。

歓喜する無惨。

いやしかし、無惨の様子がどこかおかしい。

激しい吐血と、みるみるうちに姿が老化していく。

どういうことなのか、とまどう鬼殺隊の面々。

そして誰かが、あることに気づく。

無惨は、人間に戻っていっているのではないかと。

つまり、無惨は鬼の状態で日の光を克服したのではなく、ただの人間に戻りつつあったため、消滅することがなかった。

そして、ただの人間に戻りつつある無惨は、今まで蓄積されたダメージを受け、老化薬の影響を止めることができないといった状況に。

そうして無惨は誰に殺されることなく、自動的に老化とダメージの影響で死亡。

その間に、無惨の回想が流れる。

ここまでが私の妄想です。

無惨に投与された薬には細胞破壊の薬もありますので、それが人間にも効くのであれば、人間に戻った無惨は消滅する可能性もあります。

まとめ的なもの

ここから先の展開は、大きくわけて三つが予想されます。

みんなの力によって、無惨が日の光の下にさらされ消滅。

もしくは今回私が妄想した、無惨が人間に戻り、老化薬やその他の薬の影響で死亡。

そしてもうひとつは、みんなで無惨の臓器を斬り刻み、朝日を待たずして決着、もしくは朝日と同時に決着。

このあたりの展開になるのではないでしょうか。

気になるのは、カナヲや村田さん、愈史郎あたりは今後活躍するのかといった点。

もしかしたら愈史郎が、まだ人間に戻す薬を持っていて、弱った無惨にそれを使用してくるとか。

村田さんは最後の最後で活躍しそうな気もするので、あるとしたら義勇に協力するような場面があるかも?

カナヲに関しては、もう大人しくしておいてほしいところ。

あとは、禰豆子に関しても気になるところです。

次回はそのあたりも考えてみましょう。

ということで、今回はこのあたりで♪

-鬼滅の刃

© 2020 ここなの研究所