約ネバ

【約束のネバーランド】159話考察|ソンジュがアテにしているモノとは?【約ネバ】

2019年12月10日

この記事は約 4 分で読めるよ♪


みなさんこんにちわ、ここなです。

今回の記事は「ソンジュのアテ」についてです。

ソンジュ

これは159話の話になります。

女王と五摂家が倒れたことで、鬼の世界は混乱、最悪戦争にまでなるとレイは言っています。

次の王さえいれば、どうにかなるかもしれない。

ソンジュも王族だったので、エマはソンジュが王になれないのかと言いましたが、ソンジュは反逆者としてずっと追われていた身。

それは無理だとソンジュは言います。

その理屈でいくと、ムジカはもちろん王族でもないですし、次の女王になるというのは無理でしょう。

だとすると、誰が次の王になるのでしょうか。

そこに対してソンジュは「ちょっと無茶だがアテがなくもない。イチかバチかだ」と言っています。

これはおそらく、誰かしら王になりえる鬼のアテが、ソンジュにはあるという事でしょう。

これが誰なのか。

すごく気になりますよね。

まず既出の鬼で言うならば、考えられるのはただ一人。

レウウィス大公です。

レウウィス

これは私の願望でもあります。

レウウィスよもう一度。

現れてかっこいい姿を見せてほしい。

レウウィスは今でも、ハッキリと死んだかどうかは分かっていません。

レグラヴァリマ以外核が二つ無いことを考えると、レウウィスの核は一つ。

核を撃ち抜かれて、レウウィスは死亡したはず。

しかしゴールディーポンド崩壊時には、レウウィスの死体は消えて無くなっていました。

約ネバでは鬼滅の刃のように、死体が消滅するという事はないはずです。

なのでレウウィスは生きている、もしくは誰かが死体を食べてしまった。

そのどちらかではないか。

そう考える事ができます。

なのでもしレウウィスが生きていた場合、ソンジュがアテにする人物が、レウウィスだったという可能性もある。

私はそう予想しています。

ただこれは、確率的には少し低いのかなと思っています。

あったらいいなくらいで、私は考えています。

そしてもう一人、私の中で予想をしている鬼がいます。

それは、あのお方です。

あのお方

もう一つ考えられる線として、ソンジュがアテにしているのは「あのお方」なのではないか。

そういった予想もしておきます。

ソンジュもムジカも、あのお方については知っているはずです。

元はといえば、七つの壁を最初に探せと言ったのはムジカですし、あのお方の居る場所まで辿り着く方法も、知っている可能性はあります。

なので、二人であのお方のいる場所まで行き、自分達で約束を結ぶのではないか。

そう考える事もできます。

もしそうだとするなら、ソンジュとムジカはどんな約束を結ぶのか。

鬼の世界を平和にしてほしい?

王にふさわしい鬼を蘇らせる?

この予想が当たるとするなら、ここも結構楽しみになってきますよね。

もしかしたらあのお方を前にして、ソンジュが再度迷う展開もあるかもしれません。

人間を腹一杯喰いたい。

ソンジュはそう思っていましたから。

でも、最終的にはエマ達を逃がし、鬼の世界を平和にする事に落ち着く。

そうなるとは思います。

もっと深読みするならラートリー家との戦いも、ソンジュやムジカの約束によって、終結するといった展開も考えられます。

エマ達のピンチに、ソンジュとムジカの約束が履行される。

そういった展開です。

その後もしかしたら、ラートリー家を新たな食用児に…

エマ達の知らないところで…

何て怖い展開も、あり得るかも?

そういえば、ソンジュとムジカが約束を結んだ場合、あのお方に代償を支払う必要があります。

その辺りも気になりますよね。

まとめ的なもの

今回は、ソンジュが当てにしているモノについて、予想をしてみました。

もちろんレウウィスやあのお方ではなく、全くの新しいキャラの可能性もあります。

他に考えられるとするなら、ソンジュやムジカの親なんかも考えられますよね。

皆さんは、ソンジュがアテにしているもの、何だと思いますか?

コメント欄で予想してみてくださいね♪

それでは今回の考察は以上です♪

また次の記事で会いましょう♪

-約ネバ

© 2020 ここなの研究所