鬼滅の刃

【鬼滅の刃 考察】小芭内の痣って…縁壱とか関係してくる…?【きめつのやいば ネタバレ】

2019年12月4日

この記事は約 4 分で読めるよ♪


みなさんこんにちわ、ここなです。

今回の記事は「小芭内の痣」についてです。

それではどうぞ♪

小芭内

現在の最新話は185話。

義勇・蜜璃・小芭内は、今回無惨の攻撃を食らってしまい、即死は免れたものの非常に危ない状況です。

無惨いわく、痣者は無惨の攻撃を食らっても、即死をしないとの事。

という事は、小芭内も既に痣が出ているの?

ここまでは前回お話ししました。

今回は、ここで更に気になるコメントを頂きましたので、それを考えてみたいと思います。

そのコメントがコチラ。

「小芭内も生まれつき痣があったのでは?」

生まれつき

確かに、生まれつき口元に痣があって、それがコンプレックスで口元を隠している可能性はありますよね。

むしろ、それしかないような気がしてきました。

以前に私は、小芭内が口元を隠しているのは、表情を読まれないようにしているのだと考察しました。

しかし今は「生まれつきの痣説」を推しています。

生まれつきの痣と言えば、縁壱ですよね。

縁壱と小芭内。

何か関係が…?

縁壱は生まれつき痣があり、幼少期には透明な世界さえも見ていました。

縁壱は作中最強の剣士であり、生まれながらの神童です。

では、小芭内はどうでしょうか。

小芭内にも仮に生まれつきの痣があったとしても、おそらくまだ、透明な世界は見えていないでしょう。

そこまで覚醒するほど追い詰められた戦いを、した事がないように思えるからです。

なので、生まれつきの痣が小芭内の強さに関係してくるかは、少し微妙なところです。

共通点

小芭内にもし生まれつきの痣があったとして、縁壱との共通点を見出すのであれば、どの辺りを考える事ができるのでしょうか。

強さに関しては、小芭内が縁壱クラスになるという事は、おそらくないでしょう。

とすると、私の中で思い浮かぶのは「赫刀」です。

小芭内は刀を、赫刀にする能力を秘めている。

そこが縁壱と小芭内の、考えられる共通点。

そんな感じの予想です。

とここで思ったのは、小芭内も継国家の末裔だったりするのでは?

出生も過去も謎の小芭内ですから、最後の最後でそんな事実が明らかになるという事も、もしかしたらあるかもしれません。

ただ、生まれつきの痣という事で言えば、炭十郎も生まれつきの痣を持っていました。

単純に生まれつきの痣だけで、継国家の末裔だと考えるのは、少し尚早かもしれません。

結局

一旦まとめてみます。

小芭内は生まれつきの痣があり、それを包帯で隠しているかもしれない。

もし痣が生まれつきあったとしても、それは縁壱の強さとは関係ない可能性が高い。

もし二人の共通点があるのであれば、赫刀がキーワードになるのではないか。

それが今回の私の結論です。

というかそもそも論ですが、もし小芭内に痣が出ていないとするなら、一つ思うことがあります。

痣者の義勇や蜜璃と一緒に、無惨と戦えている小芭内はすごい。

もし小芭内に、痣が無かったらの話です。

これで痣が発現したら、もう少し善戦しそうだなと。

しかしそれでも、透明な世界と赫刀あたりがないと、無惨とはまともにやり合えないような気もしますが。

今後の展開に期待です。

まとめ的なもの

そういえば、小芭内が鬼説という噂もありますよね!

すごく面白いと思うのですが、それだと炭治郎が気づきそうだなとか、私は思ってしまいました。

匂いで分かってしまいそうだなと。

とここで思いました。

小芭内と鬼。

あることわざが関係してきそう。

これは次の動画に回します!

ということで、今回の考察は以上です♪

ここなの余談

皆さんにお知らせです。

私はツイッターもやっています。

もし私が突然YouTubeからいなくなっても、ツイッターで今後の展開を報告します。

もしも私の考察が好きで、今後も見てくれる方がいるなら、フォローだけしておいていただけると、すごく嬉しいです。

全然面白い事はつぶやきませんが、重要な事を告知していくかもしれません。

説明欄にツイッターへのリンクがありますので、よければお願いします♪

ということで、今回の余談は終了です。

それではまた♪

-鬼滅の刃

© 2020 ここなの研究所