呪術廻戦

【呪術廻戦】夜蛾学長は何も悪くない!真の内通者はまだいる!【147話ネタバレ考察】

呪術廻戦147話ネタバレ考察

みなさんこんばんは。

じじい、許さない。夜蛾学長をどうして。

でも、楽巌寺もできるなら夜蛾を殺したくなかったはず。パンダも楽巌寺と夜蛾は仲が悪くなかったと言っていました。

上に言われてやった。つまり、呪術総監部より通達を受けていたのが楽巌寺。虎杖には乙骨を、学長には学長を。似た者同士をぶつけていたようです。

そもそもの発端は、137話の通達。一つは夏油傑の死刑、二つは五条悟を永久追放・獄門疆の封印を解くのを罪とする。

そして三つに、夜蛾正道を五条悟・夏油傑を唆したとして死刑にする。四つは虎杖悠仁の死刑執行。五つは虎杖の死刑執行役を乙骨にする。

五条悟がいないのをいいことに、やりたい放題の上の連中。五条悟、夜蛾、虎杖悠仁は、特に邪魔者と認識されていたようです。

しかし、夜蛾はどうしてこのような理由で死刑認定されたのか。前々から内通者と呼び声高い夜蛾でしたが、結局今回の理由との関係性は一体…

今回の理由は、五条悟と夏油傑を唆したというもの。まずこれは事実なのかどうか。そこが問題です。

事実ならば、夏油傑の中にいる羂索との関係性が怪しいところです。つまり、メカ丸のような状態でしょう。

しかし楽巌寺が夜蛾に伝えていたのは、自立型の呪骸を持っているのがまずいということ。呪力を自己補完できる自立型がいれば、容易に軍隊が作り出せてしまうから。確かにそれはそうです。

ではなぜ137話の上からの通達では、違う理由をつけて死刑にしようとしたのか。これは僕の予想ですが、適当な理由を付けざるを得なかったのではないでしょうか。

つまり夜蛾は、本当に五条悟と夏油傑を唆したわけではない。適当な理由をつけたのは、自立型の呪骸の存在を公にしないため。

上からの通達が、どこまで広まるのかは分かりません。ただそこに「自立型の呪骸を作り出せるため死刑」と書き、それが万が一外に漏れてしまえば…。

その方法が他から狙われる危険性がある。それが呪霊や羂索だったら…。とても恐ろしいことが起きてしまいます。

ただよく分からないのは、自立型の呪骸を生み出す方法を教えれば、夜蛾は死ななくて済んだということ。楽巌寺はなぜ生き延びなかったと言っていましたから。

死刑認定されたのに、生き延びることができた。これが少し引っかかる。つまり、上はその方法だけ知りたかったということになります。

夜蛾を殺さず方法だけ聞き出す。その時点で、軍隊を作り出す危険性をもう忘れている。これはおかしい。

ここで浮上してくるのが、もう一人の内通者。学長以上の内通者の存在。今回の件で、確実に怪しい人物がそこにいるということが判明しました。

つまりその内通者こそが、自立型の呪骸を作り出し、軍隊を作ろうとしている。それがおそらく羂索と既に打ち合わせ済み。

これは本当に恐ろしい。一体誰なんでしょうか。今まで登場したキャラでは、上層部にいるような人物はいませんよね。

虎杖仁も、さすがに上層部にはいないでしょうし。ここは本当に謎な部分です。

しかし、パンダの涙からするに、夜蛾の死亡は確定でしょう。日下部の妹といい最後にドラマを見せてくれて、少しうるっときました。

そして、今回明かされた自立型の呪骸を作る方法。相性の良い三つの魂を宿した核を一つの呪骸にし、お互いの魂を常に観測させる。

そうすることで、初めて魂が安定して自我が芽生える。そして生後3か月を過ぎたあたりで、呪力の自己補完を始める。

こういった器とかの話を聞くと、思い浮かぶのは虎杖悠仁の中の宿儺、そして夏油傑の肉体にいる羂索。ここがどうもまだ、今後も関係してきそうな気がするんですよね。

今回楽巌寺が聞き出した情報を、上に伝えるのかどうかは不明です。夜蛾は死んでしまったので、聞き出せなかったと言ってしまえば済みますから。

いやでも、内通者が本当に方法を知りたかったら、もっと他の方法もあったのではないでしょうか。謎が深い。

ということで、今回の記事は以上です。みなさんの意見もぜひ聞かせてください。僕の頭はパンクしてしまいそうです。

それではまた次回♪

-呪術廻戦

© 2021 ここなの研究所