呪術廻戦

【呪術廻戦】109話考察|今一番熱い漫画!禪院甚爾は敵か味方か…!呪具目当ての侵入?【最新話】

2020年6月8日

この記事は約 4 分で読めるよ♪


私の中では、間違いなく今週のジャンプの中で、一番熱い展開でした。

パパ黒が好きすぎる…

いろいろと考察する前に、パパ黒のことで頭がいっぱいです。

なんですか、この悪魔的な笑顔は!

「全てを捨て去った者の、むき出しの肉体、その躍動を!」

かっこよすぎる…!

禪院・伏黒・七海、そしてもう一人の伏黒が乱入…!

正確には、元をたどれば七海以外は全員禪院…!

みんな思ったでしょう。

「いや、入ってくんなよ!」

みんなが脱出しようとした瞬間、邪魔をするように乱入してくるパパ黒。

恵はほんの数秒しか穴を維持できないそうなので、パパ黒のせいで台無しになった可能性が高い…

ということは、恵はもう限界なので 脱出は不可能となり、陀艮を倒すしか道がなくなったといえます。

でも、そこは安心していいでしょう。

パパ黒がいるのですから…!

パパ黒

天与呪縛のフィジカルキッドこと、伏黒甚爾。

でも、オガミ婆は禪院甚爾として降霊しているので、今は禪院甚爾になるのかな。

今領域内にいる人たちの関係性が ちょっとハッキリしていないので、ここからどうなるのか 非常に楽しみなところです。

まず、さすがに直毘人は気づくのではないでしょうか。

これが禪院甚爾だと。

おそらく ここから言葉が始まる可能性が高い。

「何故お前が」的な!

ここって親子になるのかな?

恵は見ただけで、自分と似ていると気づきそうなもの。

でも恵は今 いっぱいいっぱいですからね…

意識を失い 倒れてしまうとかもありえる。

せっかくの親子の再会が、先延ばしになる可能性も。

真希に関しては、上位互換のパパ黒の戦いを 目の当たりにすることでしょう。

そして、游雲です。

パパ黒のことですから 游雲の存在に気づき、まずはそこを奪いにかかるのではないでしょうか。

パパ黒は武器庫呪霊を持っていないので、今は素手だけの状態。

人間と戦うにも、呪霊を祓うにも、呪具が欲しいところです。

問題は、呪具を奪ったその後…

敵か味方か

パパ黒が敵か味方か、それを問うのは間違いである。

彼は敵でもないし 味方でもない。

今のパパ黒が何を目的としているのか、問題はそこになりそうです。

ただ単純に遊んでいるだけなら、手当たり次第に殴り飛ばしていきそうなもの。

呪具が欲しいだけなら游雲を奪って、領域展開している陀艮を倒してから どこかに行ってしまいそうなもの。

イノタクがやられたのは、イノタクが襲い掛かったのに反撃しただけで、利益もなしに いきなり行動するタイプではないと思います。

さすがに人間側が、パパ黒に攻撃をすることはなさそうなので、そこに対して いきなり仕掛けるパパ黒ではないような?

いや、こればっかりは分からない…

直毘人に対しては、何かしらの因縁もありそうですしね…

恵は息子だと気づくけど、先ほども言った通り恵が倒れる展開となり、真希に関しては 天与呪縛が自分と似ていると、認識するかもしれません。

七海に関しては…ちょっと影が薄くなりそう…w

来週が楽しみすぎて、やばいです。

真の目的

パパ黒が今一番欲しいものは、武器庫呪霊でしょうか。

あれって確か夏油が持っていたけど、乙骨に敗れた後、どこにいったか不明だったような?

もしくは、五条悟への復讐を企んでいるとか?

でも、ただの素手では勝てないことくらいは、パパ黒も理解しているはず。

素手では呪霊も祓えないでしょうし、まずは呪具を集めながら 武器庫呪霊を探す感じかな?

でも、武器庫呪霊ってどこで見つけたんだろう…

そんな簡単に 見つかりそうもないような。

もしかして今回現れたのは、特級呪具である 游雲の匂いを嗅ぎつけたから?

游雲を手にしてから、五条悟に復習しに行く?

とすると、封印を解くのはパパ黒!?

夏油達が持ち運べない獄門疆を、パパ黒が軽く持って逃げるとか…w

なんだかあり得そうで怖い。

いや、面白い。

まとめ的なもの

呪術廻戦、熱すぎませんか!?

思わず夜更かしして 考察してしまいました。

游雲の使い方も、パパ黒ならかなり手練れていそうですしね…!

特級呪具で特級を倒す。

並みの術師では無理なことでも、パパ黒ならやってくれそう!

陀艮もかなりの呪力を消費していますし、そこをパパ黒が叩いてくれるとか!

どちらにせよ、陀艮を倒さなければ領域からは出られないので、そこは全員同じ方向に向かうでしょう。

パパ黒がいれば百人力!

その後のことは知らない…w

ということで、次週が楽しみすぎてヤバい展開ですが、皆さんも思うところがあれば、コメント欄で教えてくださいね♪

ということで、今回はこのあたりで♪

-呪術廻戦

© 2020 ここなの研究所