約ネバ

【約束のネバーランド】180話考察|失ったものがでかすぎる…でもまだ希望はある!かもしれない…【約ネバ】最新話

2020年6月8日

この記事は約 3 分で読めるよ♪


約ネバで、久しぶりに考察が当たりました。

とはいっても、今回は簡単すぎたかも。

エマの「家族の記憶」がなくなる。

それがあのお方の言った「ごほうびはかぞく」の真相。

これは結構予想していた人も多いはず。

やっぱりエマは 嘘をついていました。

それもそうですよね。

言えばみんなは、絶対に反対していたはず。

全員で、鬼の世界に残ろうとしたでしょう。

しかし鬼の世界にいる限り、食用児が完全に安心できる場所はありません。

反乱した鬼が、人間を勝手に喰おうと企む可能性もありますから。

レウウィスやムジカ・ソンジュが罠にかけられ、また鬼が人間を食用児にしようとしたら…

その危険性は十分にありました。

なので それを分かったうえで、エマは嘘をつくことを決めた。

エマだけが家族を失うという犠牲で、全てが丸く収まる…

でも逆に考えたら、家族全員がエマを失ってしまうことになる。

それはみんなが鬼の世界にいることよりも、辛いことになるかもしれません。

エマは家族のことを想い取った行動ですが…

家族はそれを望んではいなかったでしょう。

なんとも切ない展開です。

おじいさん

前回エマの前に現れた人物。

私はユウゴみたいな青年を思い浮かべていましたが、こちらは大外れの おじいさんという展開。

戦争で家族を失ったおじいさん。

優しいおじいさんで良かった。

おじいさんは家族を失った痛みを抱えながら、エマは家族を失ったことすらも忘れて。

二人はもう、家族同然のように思います。

エマの新しい名前というのも気になりますが、このおじいさんはただのおじいさんなのか。

そのあたりも、少し気になるところです。

エマは、ムジカやイザベラ、ユウゴ達・家族が出てくる夢を見ていました。

目が覚めたらまた忘れてしまうと言っており、最後にもう夢は見ていないと言っていたので、エマという夢の中で聞いた名前のことも、今では覚えていないのでしょう。

あのお方は、家族とお別れだと言っていたのに、最初のほうは夢だけ見ていた。

そして、ペンダントを見ると心に引っ掛かる 何か。

ここは約束と代償についてや、ペンダントについて振り返ってみることで、いろいろと見えてくるものがありそう。

そのあたりは次の記事で考えてみます。

まとめ的なもの

酷なことにあのお方は、これまでの記憶と同時に、これからの繋がりさえも全て エマから取り上げました。

あのお方の代償が永遠に続くのであれば、エマは死ぬまで家族と会えないということになります。

屁理屈になるかもしれませんが、そもそも家族の定義がハッキリしていないため、なんとでも言い逃れはできそうな気もしますが…

そのあたりは、あのお方の裁量次第といったところでしょうか。

一緒に育ったから家族。

エマが家族と思っていたら家族。

ここを捻じ曲げるのは、ちょっと無理があるかな…

ということで、やはり約束と代償の仕組みや、ムジカのペンダントがカギとなりそう。

ということは ムジカやソンジュ、またレウウィスなんかも、再登場してくれると期待。

皆さんの意見も、コメント欄で聞かせてくださいね♪

今回はこのあたりで♪

-約ネバ

© 2020 ここなの研究所