鬼滅の刃

【鬼滅の刃】201話~考察|禰豆子が再び鬼に?考えられる二つの線【きめつのやいば】200話

2020年4月2日

この記事は約 3 分で読めるよ♪


今回は、禰豆子がもう一度鬼になる可能性について、考えてみました。

というのも、禰豆子の活躍が不完全燃焼だったため、ちょっと物足りないと思ったからです。

とにかく早バレがひどいので、今日中に考察してしまいたいと思い、いそいそと記事を作っております。

明日くらいに早バレがきそうなので、自衛できる人は自衛してください。

私はコメントがあるので無理です(笑)

ということで本題の、禰豆子が鬼になる可能性について。

禰豆子が鬼になる可能性があるとするなら、無惨はまだ死んでいないということになります。

無惨が死ねば、鬼はすべて消滅すると言われているので、無惨が死んでいるならば、もう鬼は生まれてこないと思うからです。

なのでここでは、無惨が復活したという前提でお話をします。

禰豆子がもう一度鬼になるのであれば、考えられるのは二つの線。

まず一つ目は、禰豆子に投与された人間に戻る薬が、まだ最後まで効いていないという線です。

禰豆子は容姿こそ人間には戻っているものの、完全に人間に戻っているのかどうかの確証は、どこにもありません。

それに200話の表紙では、髪の毛にオレンジ色の部分が残っています。

これがただの作画ミスなのか、意図して描かれたものなのか。

それはわかりませんが、少し気になる部分です。

無惨が復活し、禰豆子が完全に人間に戻っていなければ、爆血をもう一度見れるかもしれない。

私は禰豆子の活躍が、もう一度どうしても見たい。

無惨が復活して、これ以上誰かが犠牲になるのは嫌ですが、どうしても禰豆子の爆血で、無惨への仇討ちを果たしてほしい。

そういった思いもあります。

そしてもう一つの、禰豆子が鬼になる可能性。

それは無惨の血の影響を、再び受けてしまうということです。

無惨復活

無惨が復活するとして、真っ先に狙われるであろう存在が禰豆子です。

禰豆子は太陽を克服した鬼で、おそらく無惨はまだ、禰豆子が人間に戻ったということを知りません。

なので今は穴に潜んでいたり、炭治郎に寄生していたとして、禰豆子を見つけたらいきなり飛び掛かってくる可能性があります。

無惨が噛みついてくるのか、攻撃して禰豆子を捕まえようとするのかはわかりません。

どちらにしても無惨に攻撃された影響で、無惨の血が禰豆子の体内に混入。

禰豆子が再び鬼の力を手にするという可能性も、考えられると思うのです。

そうなると、そこから胸アツの展開です。

炭治郎は無惨が生きていることで、再度復活。

折れた刀を爆血刀に、無惨を斬り刻む。

そこで初めて、十三番目の型が完成すると。

やっぱり、炭治郎と禰豆子の共闘が見たい。

そういった人は私のほかにもいると思います。

今回はその可能性を、引き出すための考察でした。

まとめ的なもの

今回の考察には、少し問題点があります。

それは禰豆子が鬼に戻ってしまうと、無惨が消滅する際に禰豆子も消えてしまう可能性がある、ということです。

それだけは絶対にやめてほしい。

蜜璃も小芭内も悲鳴嶼さんも…

もうこれ以上はやめてほしい。

やっぱり無惨はこのまま消滅で、エピローグにいったほうがいいのかも…

ということで、今回の記事は以上です♪

-鬼滅の刃

© 2020 ここなの研究所