約ネバ

【約束のネバーランド】169話考察|終わっちゃう【約ネバ】

2020年3月3日


約ネバの終わりが一気に近づいた。

なぜなら、もう敵がいなくなったから…

嬉しいのだけど、これは終わりへのサイン。

ノーマンの回想から始まる169話。

ピーターラートリーが、バイヨンをけしかけて猟場なんて作らなければ。

ピーターラートリーの祖先である、ユリウスラートリーが仲間を売らなければ。

食用児さえ生まれなければ…

ノーマンはそう思っていますが、ピーターラートリーは全くの逆。

自分たちが食用児を作ったから、お前たちは生まれてくることができたのだと。

もう、こいつはどうしようもない。

そして、オリバーの回想と思われるところにいたのは、ルーカスとユウゴ。

懐かしいですね。

オリバーはルーカスを父親のように…

オリバーは、今すぐにでもピーターラートリーを殺したい気持ちでしょう。

そしてとうとうエマたちは、ピーターラートリーを残して本部を制圧します。

しかし、ピーターラートリーは生かしたまま。

さすがに、無力な人は殺せないといった状況なのでしょう。

そして、何かを言いかけていたエマ。

「私たちは…」

おそらく人間の世界へ渡る、というようなことを言おうとしたのでしょう。

そこに現れるママたち。

グレイスフィールドのママ全員が集まっている様子です。

そして、グランマであるイザベラの登場。

本当に、ここからどうなるのかヒヤヒヤしました。

まさか、こんなに早くイザベラが裏切るとは。

「すばらしいわ。あなたたち全員、満点よ」

この言葉、約ネバ1話のママの言葉を思い出す。

一斉に、ピーターラートリーに銃口を向けるママたち。

ここは本当に鳥肌ものでしたね。

ピーターラートリーは、もう打つ手はないでしょう。

しかししかしですよ。

ここからそう簡単に、全員人間の世界へ渡りましたで終わるような、甘い話ではないでしょう。

一番怖いのは、ピーターラートリーが外部に連絡をこっそり入れていること。

外に待機している2000の鬼の兵が、襲い掛かってくることです。

私の予想では、それらに気づかれるのは時間の問題。

ピーターラートリーが外部に連絡を入れるか、何か警報を鳴らすような事を起こすか。

そうすれば、エマたちは逃げなければならない。

そうなると、おそらくママたちが鬼と戦う事になるのでしょう。

それはなぜか。

ママたちには、心臓に埋め込まれたチップがあるからです。

ママたちは農園を出ると、心臓に埋められたチップに電気が流れ、死んでしまいます。

そもそもママたちは、人間の世界へ行くことはできない体なのです。

さすがに自分たちで、胸のチップを取り除くことは難しいでしょうし、今からそれをやっている時間もないはずです。

なので、エマたちを逃がすためにママたちが戦う。

私はそういった展開を予想しています。

ママが言いそうではないですか?

私たち大人はいっぱい子供を殺してきたから、せめてもの償いを今ここでしたいと。

ちなみに、ピーターラートリーがイザベラの、胸のチップを消してあげると言っていましたが、あれはまだ実行されていません。

そのあとの会話で、グレイスフィールドがなくなれば、晴れてイザベラが自由だという事が言われています。

なので現状は、ママたちはまだ逃げられない体で間違いないはずです。

という事はです。

やはり鬼と戦うのがママたちで、フィル達を助けに行くのがエマたち。

そういった役割分担になるのではないでしょうか。

もしこれが当たっているとするなら、エマたちはまたイザベラと離れ離れ。

せっかくイザベラが助けてくれたのに。

分かり合えるかもしれなかったのに。

なんとも悲しい結末となりそうです。

特にレイは…

実の母親ですからね。

レイも本音を言えば、イザベラを連れていきたいでしょう。

でもそんなこと口が裂けても言えないと、レイは思うかもしれない。

でもそこでエマなら、最後のお別れくらいちゃんと言えよと、レイを諭すかも。

ここからもう一波乱起きて、いよいよ約ネバも終わりといった展開になりそうですよね。

いよいよ人間の世界へ渡って、幸せな未来を描くことができるのか。

それとも人間の世界はもうなくて、絶望的な未来が待っているのか。

みなさんはどうなると思いますか?

コメントお待ちしています。

という事で、今回の記事は以上です♪

-約ネバ

© 2021 ここなの研究所