広告 約ネバ

【約束のネバーランド】15巻表紙|最速考察|約ネバ考察【ネバラン ネタバレ】

2019年7月24日

約束のネバーランド 15巻表紙 考察

こんにちわ。漫画研究所です。今回の記事は「約ネバ・15巻表紙」についてです。

まずはこちらから♪

15巻表紙

ついに公開されました。15巻表紙。

これはファンにとって、すごく嬉しいツーショットです。

エマとムジカ。この二人は、6巻で別れたきり再会はしていません。

二人はシッカリ手を握っています。

これの意味するところは、最新話とも関係しているのではないかと、私は考えています。

ここではお伝えしませんが、またその辺りは最新話の考察に織り込みたいと思います。

それにしても、素晴らしい表紙です。

ツーショットの表紙というのは、8巻のエマとレイ以来なのです。

気になるところ

それよりもインパクトが強いこの表紙。

気になる部分はエマの表情と、ムジカの髪が三本線に触れているところです。

このエマの表情。感情が抜けているような。脳を支配されているような…。

それを救い出すムジカ。ペンダントが鍵?そんな感じを受けます。

そして三本線についてですが、今までに三本線に触れている人物は、何か良からぬことが起きてきました。

表紙だけで言うと、1巻ではコニーが三本線に触れ出荷。4巻ではノーマンが三本線に触れ出荷されています。

しかし、ノーマンは出荷されていたものの生きていましたので、三本線=死亡ということではありません。

5巻では、エマの髪の毛が三本線に触れていますが、5巻の内容ではエマに命の危険が及んだシーンというのはありませんでした。

それに、表紙の三本線に伏線がある時は、三本線が下に向いたときだけです。

1巻のコニーに対しても、4巻のノーマンに対しても、三本線は下に向かっています。

なので、三本線が上に向かっており、さらに髪の毛だけしか通過していなければ、何も起きない可能性の方が高いと言えます。

まとめ的なもの

ついつい嬉しくて、速報記事を作成しました。

それにしても秀逸。光が当たった細かい髪の毛まで、見事に表現されています。

これは絶対買うしかありませんね。

さらに、連載3周年を記念した、スペシャル企画も用意されているのだとか…。

8月2日が待ち遠しいです!

-約ネバ