鬼滅の刃

【鬼滅の刃 考察】村田さんは強いのか。今度は逆に考えてみた【きめつのやいば ネタバレ】

2019年11月17日

この記事は約 5 分で読めるよ♪


みなさんこんにちわ、ここなです。

今回の記事は「村田さん最強説」についてです。

それではどうぞ♪

村田さん

また村田さんかよ。

そんな事言わないでください。

今度は村田さん最強説を唱えます。

必殺掌返しです。

考察に一貫性のないここなだからこそ、できる技です。

それでは、村田さんの何が最強なのか、考えたいと思います。

薄い

村田さんの呼吸は「薄い水の呼吸」と言われています。

これはワニ先生がおっしゃっていた事なので、間違いの無い事実です。

この「薄い」という事に、何かカラクリがあるのではないか。

私はそう考えました。

薄い水の呼吸だから、無惨も見えない?

でも、呼吸のエフェクト自体は、実際に水を出しているものではありません。

そう見えるだけ、との事です。

一応呼吸の強さを表すのが、エフェクトの濃さという事のようなのですが、これがそうとも言い切れない部分があります。

それは何故か。

そのヒントとなるのが、継国縁壱という剣士です。

縁壱

縁壱は、日の呼吸の使い手だったと言われています。

その刀を振った場面は、作中でもほんの少ししかありません。

炭治郎と姿が重なるといった場面や、黒死牟と対峙した時、縁壱は刀を振っています。

そこで一つ気付くことがあるのです。

縁壱の刀には、何もエフェクトが発生していません。

それが特に分かるのが、コミックス13巻、炭治郎と姿が重なった時の縁壱です。

その場面の縁壱の刀には、炭治郎と同じ構えの技を出そうとしているにも関わらず、炎のエフェクトが発生していません。

日の呼吸とヒノカミ神楽は違うと言えばそこまでなのですが、ここにも何かしらの意味があると考えてみましょう。

縁壱は、作中で最強の剣士です。

そんな最強の剣士が、何のエフェクトも発生させていない。

つまり「薄くても強い人は強い」という事も考えられます。

薄くても…

これは、村田さんの前髪が薄いという事ではありません。

村田さんの水の呼吸の話に戻ります。

村田さんの水の呼吸は薄い。

だから弱い。

果たして本当にそうでしょうか?

先程の縁壱の話からすると、それがそうとも言い切れません。

エフェクトがなくとも、縁壱は最強だったという可能性があるからです。

では、村田さんの強さとは…。

ごめんなさい。

こればっかりは、強いとは言い切れませんでした。

無限城の雑魚鬼の首すら斬れない村田さんが強いとは、どうしても言い切れないのです。

ただ、もう一つの可能性を考えると、もしかしたら村田さんの強さが分かるかもしれません。

それは、呼吸の適正に関する事です。

適正

呼吸の話を振り返ってみましょう。

呼吸には適正があり、合わない呼吸ではエフェクトの濃さも薄くなり、体や刀への負担も大きくなってしまいます。

義勇と炭治郎の技を見てもらえれば、それは一目瞭然です。

では、これを村田さんに置き換えて妄想してみましょう。

私の妄想はこうです。

「村田さんは水の呼吸が適正な呼吸ではなく、極端に合わない呼吸を使っている。

だからめちゃくちゃ薄い」

私はこう考えました。

そして、この考察を考える上で、もう一つ重要な事があります。

それは「刀の色」です。

色変わり

村田さんの刀の色。

全く意識していなかった部分ですが、そもそも村田さんが戦う場面というのが少ないので、なかなか確認が難しいところです。

最初に村田さんの刀が見れたのは、那田蜘蛛山での話です。

そこでの村田さんの刀の色は「色が変わっていない灰色」でした。

そしてもう一つ、愈史郎と共に善逸を助けた時も、村田さんは鬼と戦っています。

この時もカラー版で見てみると、刀の色は灰色でした。

以上の事から、村田さんの刀の色はまだ分からないので、何が適正な呼吸なのかも、分からないという事が言えます。

という事は「何にでもなれる存在」とも言えますよね。

日の呼吸

さて、妄想を膨らませます。

「一体いつから、村田さんの水の呼吸が適正だと錯覚していた?」

最近これにハマっています。

でも、これは可能性がありますよね。

実は村田さんの適正な呼吸は「日の呼吸」だったとか。

あり得なくはない考察です。

もしかしたら今後、村田さんの刀が赤く染まり…。

いくら身体能力が弱くとも「赫刀」という武器が手に入れば、どんな鬼でも倒せてしまう。

こう考えてみると、本当にありそうな気がしてきました。

それこそが、ノーマークの村田さんならではの、勝利への活路を開く道。

こうだったら面白いですよね。

まとめ的なもの

まとめます。

村田さんの使っている呼吸は水の呼吸ですが、ワニ先生は「適正な呼吸」とは一言も言っていません。

なので、村田さんの適正呼吸が、日の呼吸や他の呼吸であったとしても、おかしくはない話です。

虹色の刀。

これはヤバイ。

思いつきで言ったのですが、村田さんの刀は虹色に変わり、全ての呼吸を使う事ができる。

どの呼吸においてもエフェクトはなく、薄い呼吸である。

それは冗談としても、村田さんの刀が赫刀になるといった可能性は、捨てきれないところです。

どういった展開になるにしろ、そういった事が頭にあると、村田さんの見方も少し変わってきますよね。

皆さんも今のうちに、色々と妄想を膨らませておきましょう。

では、今回の考察は以上です♪

ここなの余談

今回も質問に対する回答です♪

今回の質問はコチラ。

「鬼滅の刃の世界に入ったら、どんな呼吸を使いたいですか?」

この質問に答えたいと思います。

これは考えた事がありませんでした。

まずは、今ある呼吸で何を使いたいか。

一番強いのは、日の呼吸やヒノカミ神楽のような気がしますが、私は「花の呼吸」を使ってみたいです。

終ノ型「彼岸朱眼」を…。

でも、失明のリスクは大きすぎますよね…。

あれを使ってスポーツで世界一になろうかと思ったのですが、やはりリスクが大きすぎます。

あとは、犬が好きなので「犬の呼吸」とか…w

鬼滅の刃を知らない人からしたら、犬の呼吸って何?って感じですよねw

という事で、皆さんはどんな呼吸を使ってみたいと思いますか?

あまりいい返答が出来なかったので、皆さんに丸投げします♪

それではまた次回の動画で♪

-鬼滅の刃

© 2020 ここなの研究所