刀鍛冶の里編 鬼滅の刃

【鬼滅の刃】刀鍛冶の里編が9月から放送?ある人物のリークにより荒れるネット界隈【きめつのやいば 刀鍛冶の里編】いつから?

鬼滅の刃 刀鍛冶の里編 放送時期

テレビアニメ鬼滅の刃・刀鍛冶の里編。一体いつから放送なのか。日本の総人口は約1億2千万人。そのうちの約80%である9600万人の人たちが、この話題について「非常に気になっている」と答えたような気がします。

今巷で話題になっているのは「刀鍛冶の里編が9月から放送なのではないか」というもの。それもただの話題ではなく、これが関係者からのリークなのではないかと言われているのです。

結論から言うと、この情報は怪しさマックスの信憑性は皆無。と言いたいところですが、これが完全に無いかと言われると、これまた100%とは言えない。

そもそも何故このような話題が浮上してきたのか。まずはそこから整理していきたいと思います。いいねとチャンネル登録、コメントは絶対お願いします。では参ろう。

鬼滅の刃 刀鍛冶の里編 9月から?

まず誰がリークしたのか。これがリークと呼べるのかどうかは、9月にならなければ分からないのですが、その人物がこちら。

鬼滅の刃 刀鍛冶の里編

名前はトム。プロフィールにアイラブ炭治郎と書かれており、鬼滅の刃プロデューサースタッフと名乗っています。

キライじゃない。こういうぶっ飛んだやつ。鬼滅愛は感じるけれど「確実にプロデューサーでは無い」というのは誰が見ても明らか。

トムは遊郭編の最終話目前、不可解な行動を取り始めます。まずは手始めに、童磨のアニメ画像を添付したツイート。この時間にご注目。

これが何と日本時間の10時57分。遊郭編最終話の放送前なのです。最終話目前にアニメ画像を入手している。こいつ何もんだ?

ここからもトム砲は続きます。放送中に次々と、キャプチャ画像を添付したツイートを連発。

こいつイカれてやがる。しかしこれは、トムの作戦の前哨戦に過ぎなかった。

遊郭編の最終話終了後、トムは最後のトム砲を発動。添付画像には刀鍛冶の里編のキービジュアル。そして謎のプロデューサー感を醸し出します。

「皆さん、最終回はよくご覧になりましたか?いかがでしたか?満喫されたでしょうか?足りなかったのではないでしょうか?さて、鬼滅の刃・刀鍛冶の里編が、2022年9月に上弦招集とともにやってきます!楽しみにしていてください」

あははははははは!こいつは面白い。明らかに日本語がおかしいのは言うまでもなく。トムが公式のプロデューサーなワケはないけれど、どこかの国の自称プロデューサーであることには間違いない。ほんと好きです。

最初の童磨の画像のツイート時間も、ギリギリ言われるか言われないかのところを攻めているこの感じ。ちょっとした小物感もありながら、最後のこの大風呂敷を広げる感じ。トムはいい仕事をしている。

公式からも注意されていないのは、小物過ぎて放っておかれているのか、それともまだ話題性が足りないのか。これに業を煮やしたトムは、さらなるトム砲を発動します。それがこのツイート。

要約すると、鬼滅の刃・刀鍛冶の里編は全12話。初回は45分の放送となり、サブタイトルは上弦招集。さらにその先の劇場版の話も出ており、Part1が2023年4月、Part2が2024年4月に放送されると。

このツイートには少し焦りが見えます。まず、柱稽古編が含まれていないということ、そして「最終局面編」という謎のタイトル付け。トムよ、急いては事を仕損じるぞ。

この先もトムはツイートを続けており、一部ではトムのツイートを心待ちにしている人もいるのだとか。リプライもいくつかついており、トムは一つのリプライにだけ丁寧に回答をしています。

トムのリプライ

質問する人
すみません。あなたは本当のプロデューサーですか?だとしたら、内部の情報をツイートするのは大問題だと思うのですが。あなたの独断ではないですか?
プロデューサースタッフです。また、一部確定のため最終的にはお知らせいたしません
Tom
質問する人
返信ありがとうございます。最終的にはお知らせしないとはどういうことですか?あなたの独断でツイートしてるように見えるのですが、社内の許可などは大丈夫なのですか?
最終公開については当然禁止ですが、一部公開については関係ないので公開しても構いません
Tom
質問する人
もう一度改めてお聞きしますが、それはあなたの独断ですか?それとも社内の許可をとられているのでしょうか
一部公開しても当然許可を得て進めます
Tom
質問する人
社内の許可を得ているということでよろしいですか?
許可されたものですが、最終決定についてはお知らせいたしませんのでご参考願います
Tom
質問する人
ではなぜ公式の鬼滅の刃のアカウントがあるにも関わらず、あなたが重要な情報を発信しているのですか?
公式アカウントはプロデューサースタッフが担当しません
Tom
質問する人
ではアニメが放送される前なのにも関わらず、アニメ本編のカットを公開するのは社内違反ではないですか?
当日公開日に一部カットの使用は許可し、公開日でない場合は厳しく禁止されています
Tom
質問する人
あなたは海外の方ですか?それとも日本人でしょうか

ここでトムの返信は途絶えています。トムは一切リプライに返信することが無くなりました。質問攻めにあったことで、トムは疲れてしまったようです。

質問者の意図は、トムが本当のプロデューサーで、情報公開の許可は取っているのかというもの。また、アニメ本編の画像を放送前に公開することは、社内違反なのではないか?という質問もしています。

トムの答えはこうです。自分はプロデューサースタッフで、一部の確定情報を流している。最終公開は禁止だが、一部公開は関係ない。この一部公開と最終公開の違いはよく分かりません。

社内の許可に関しては「許可を得て進めます」とまるでこれから許可を取るような返答。ここはおそらく翻訳ミス?それとも「許可を取りながら進めているから大丈夫」ということなのか。

また「どうしてプロデューサーが、公式アカウントとは別に告知をしているのか?」という質問者の問いに対し、トムは「公式アカウントはプロデューサースタッフが担当しません」と返答。

これはトムの言い分も分かるような気がする。その前に、プロデューサースタッフという立場がどういったものなのか。

これは推測ですが、日本で言うお偉いさんのイメージがあるプロデューサーではなく「鬼滅の刃をプロデュースするスタッフの一員」という立場なのではないでしょうか。

どちらにせよ、トムは公式ツイートをする立場とは別の立場、ということには変わりがないでしょう。そもそもこれは、トムが本物だったらの話ですが…(笑)

では、トムは本物のプロデューサースタッフなのか。ここについても触れていきましょう。

トムは本物なのか?

トムは本物か。僕の中ではまだ半信半疑の状態です。確かなのは日本人ではないということ。そしてアニメの放送前に、アニメの画像を入手していたということだけ。

この結果は、おそらく4月16日の鬼滅祭で明らかになります。僕はどちらかと言われたら「9月に放送の可能性もある」と言っておきます。

もしも本当に9月に放送開始だとするなら、これは色々と面白いことになります。2月13日の発表から約7カ月後という、異例の早さでの放送開始。それに加えて、あのトムの発言が信憑性を増すことになります。

つまりトムの劇場版の情報も、信憑性を増してくるということです。劇場版・Part1が2023年4月、Part2が2024年4月に公開される。ただし、ここには柱稽古編が含まれていませんので、そこはどうなることやら。

ここで注意したいのは、トムが本物か偽物なのかという点に対し、感情的になってはいけないということ。一つのエンタメとして楽しむぐらいの、気概を持った方がよろしいかと思います。

偽物で悪いことをしているのなら、公式からお叱りを受けたり、裁判で裁かれたりと、何かしらの代償が伴うはず。そこは他人には関係ありません。僕たちはトムの行く末を、安全地帯から見守ろうではないですか。

トムの経歴についてですが、元々は鬼滅の刃とは関係の無い発信をしていました。アダルトなツイートをリツイートしまくっていたり、名探偵コナンの作者に嘘つきだと言ってみたり、とても派手な経歴をお持ちです。

放送前のアニメが流出してしまう問題は過去にもあったようで「ひぐらしのなく頃に卒」の放送前のシーンが、中国の掲示板に流出した騒動が有名です。

以上のことからトムは、全体を統括するようなプロデューサー、という立場の人間ではないことは確か。もしかしたらスタッフの一員かもしれないし、関係者から情報を抜き出しただけの可能性もある。

みなさんはどうお考えでしょうか?コメント欄で意見をお待ちしております。

鬼滅の刃 刀鍛冶の里編 いつから?

ここからはトムとは別に、一つ前の動画で頂いた「みなさんの放送日の予想」についてまとめていきたいと思います。

「原作マンガ100話で季節設定を推察すると、甘露寺蜜璃が松茸ご飯に喜ぶシーンがあるので、秋だと推測される、放映に際して実際に季節感を合わせるなら、今年の秋なんじゃないかと予想する」

「こうやって、あーだこーだ語ってる時が一番楽しい!」

「呪術は2023年とハッキリ言ったけど、鬼滅の3期はTVアニメ化決定だけ。ということは年内の可能性が高い気がします。来年なら来年と発表するはず。秋アニメの可能性もまだ捨てません」

「個人的にはチェンソーマンのアニメが、7月~12月だと思っているので、刀鍛冶の里編は2023年の、1月~6月の2クールではないかと思います。おそらくそのすぐあと、呪術廻戦の2期が来るんじゃないかと思います!」

「呪術廻戦が、2023年に過去編と渋谷事変を放送予定。これがいつになるのかで変わってくる様な気がします。メタい話をしてしまうと、10月にBLEACH最終章・千年血戦編が放送されるので、わざわざ被せてくるとは思えません。早ければ夏開始、遅ければ年末開始かと。柱稽古は逆に特別編かな?」

「主題歌の紅白狙いは確かなので、11月から12月頭でないと間に合いません!」

まだまだ他にもコメントを頂いています。気になる方は一つ前の動画のコメント欄へきてください。

まとめ的なもの

トムは伝説の男になれるのか。その行く末を見守ることにしましょう。僕は12月と睨んでいますが、すべては鬼滅祭で明らかになるはず。

無限城編に関しても、テレビアニメか映画か。そのあたりの論争もおもしろそうです。ここはまた動画にしたいと思います。

今後はライターさんに考察記事を書いてもらい、面白そうなら動画にするといったこともやっていきます。みなさんで審査してください(笑)。他にもこういった考察をしてほしいなどあれば、コメント欄に書いていってください。

ということで、今回の記事は以上となります。それではまた♪

-刀鍛冶の里編, 鬼滅の刃
-,