呪術廻戦

【呪術廻戦 152】禪院真希はまだまだ壊すという考察【漫画 最新話】

呪術廻戦152話考察

みなさんこんばんは。今回の記事は「呪術廻戦152話考察」についてです。

まずはしばらくの間休載ということで、芥見先生の体調やメンタル面が気になるところです。ただ、本人のコメントには心配いらないと書かれていたので、そこは信じることにしましょう。

そして今回の152話では「とうとう真希が禪院家を全滅させた」といったところまできました。

禪院真希は元からツンツンした性格ではありましたが、真依が死んでからは少し様子がおかしいようにも見えます。まるで、本当に感情のすべてを失くしてしまったような。

禪院甚爾よりも、さらに非道な性質になってしまったような。これが気のせいならいいのですが。問題は、真希がここからどういう行動に出るかです。

予定では禪院家の呪具を回収した後、パンダと合流する手はずでした。パンダといえば真希と同じく、つい最近夜蛾という家族を失った一人。

この二人は、家族を失った悲しみを理解し合えるのではないでしょうか。しかし真希の様子を見ていると、どうも今はそんな雰囲気でもないような。

パンダと合流した後は、死滅回游の平定を目指すと言っていた真希。それも少し路線が変わってきている気がします。

真依の伝言は「全部壊して」。この全部の意味は、禪院家だけに限らないのではないでしょうか。真依は全部壊してと言った後、全部だからねと念を押しています。

これが禪院家だけのことなら、そのような言い回しになるはずです。僕はこの全部が、呪術界全部を壊してほしいというように聞こえました。

呪術界を壊すとなると、まず標的となるのは御三家と呪術総監部あたりでしょう。そのあたりを壊してしまえば、呪術界は文字通り壊滅するはず。

そしてその次に呪霊対策となるのですが、ここで少し怖い未来も見えてきます。

呪力

真希が真依の言った全てを、どこまでの範囲で考えているのか。ここも一つの問題です。僕の予想では、これは呪力のある世界も含まれていると考えています。

つまり、呪力の無い世界を作り、呪詛師や呪霊が生まれない世界を作る。そこまでが全てなのではないかと。そうすれば、真依や真希が感じた悲しみも無くせると。

この予想が当たっているとするなら、キーマンとなるのは九十九由基です。九十九由基は過去に夏油傑と話をした時、呪力の無い世界を作ることを語っていました。その際、禪院甚爾がいいモデルになるとも語っています。

なのでおそらくこの先の展開として、禪院真希が禪院甚爾の代わりに、九十九由基の研究対象となるのでしょう。そこまでの間に何が起こるのかは、少し怖いところです。

真希がすんなり九十九由基の所へ向かえばいいのですが、その前に他の御三家や呪術総監部に乗り込み様なことがあれば、真希の命もさすがに危なそう。

このまま死滅回游に参加するとは少し思えないので、真希の行動は要チェックポイントです。

あと、伏黒恵はどうするのか問題もあります。伏黒恵は禪院家の当主となっています。なので、真希の標的にもなりかねない。さすがに今ここが対峙してしまったら、伏黒は分が悪い気がします。

虎杖も含め大乱闘にもなりかねない。僕の予想では、さすがにこの線はないかなと。真希が仲間に手を出すようなことはないと信じたい。

まとめ的なもの

まとめです。禪院真希のこれからの行動は、まず御三家と呪術総監部を狙う。そしてその次に九十九由基と合流。呪力の無い世界について話し合う。

今のところこんな感じでしょうか。しかし九十九由基が真希を研究するといっても、それなりに時間が掛かるでしょう。すぐすぐの事ではなさそうです。

もしも、呪力のある世界をぶっ壊すのが真希の目的なら、加茂憲倫こと羂索の狙いとは逆方向となります。ここがぶつかるのも遠くないでしょう。

羂索なら真希も利用しようとするかもしれない。いろいろ混沌としてきましたね。このあたりはまたまとめましょう。

みなさんは、真希が今後どのような動きを取ると思いますか?コメント欄で予想を聞かせてください。

今回の記事は以上です。それではまた♪

-呪術廻戦

© 2021 ここなの研究所