約ネバ

【約束のネバーランド】最終回考察|とにかく泣けた!色々気になるところもあるけど、ファンブックに期待♪【約ネバ】完結

2020年6月16日

この記事は約 5 分で読めるよ♪


約ネバの最終回、とりあえず泣けました。

これがアニメで、セリフとBGMがつくかと思うと 楽しみすぎて朝も起きれません。

心残りは少しあるけど、とにかく感動しました。

漫画って空想の物語なのに、まるで自分もエマや家族達と 同じ時を過ごしたような、そんな感覚すら覚えてしまっています。

どこにいるかも分からない、たった一人の人間を見つけ出す。

これがどれだけ大変なことか、想像にたやすいと思います。

家族からしたら、エマが生きているかも分からないし、ヒントも何もない状態。

ラニオンは勘がよく 家族を奪われたのは、家族の記憶と繋がりを奪われたのだということを 薄々気づいていますね。

そして、ギルダがムジカ達を探した時のことをヒントに、エマは禁制区域にいるのではないかと提案。

これが見事に的中するわけですが、やっぱりあのお方は、優しさを残しておいたのだと確信しました。

というのも、エマが代償を受け入れ ありがとうとあのお方に言ったとき、あのお方は少し驚いています。

これは妄想ですが、あのお方は エマを気に入ってしまったのだと思います。

だって、エマから家族の記憶を奪い 禁制区域に飛ばしたとしても、頭のいい子供達に探させたら 見つけられるというのは、あのお方も分かっていたはず。

確実に引き離すなら、家族側からもエマの記憶を奪って 絶対に会えないようにしたほうが確実。

これは、あのお方の優しさ。

いや、実はかくれんぼを楽しみたかっただけの あのお方の趣味なのかもしれません。

遊び

でも あのお方もこれで、遊びをなくしてしまったことになります。

1000年間 鬼と人間の世界を楽しみ、次はかくれんぼを楽しむはずだったのですが、2年ほどでそれは終わってしまいました。

なかなか七つの壁を越えて、あのお方のいる場所までくる者は そうそういないと思うので、しばらくあのお方は遊ばない感じかな。

いやそもそも、あのお方って結局何者…w

これもファンブックの質問箱に、質問しておいたほうがいいかもしれない。

再会

これはちょっとヤバい。

レイを誘導する 三つの影。

レイのバッグを引っ張るのは、あのコニーです。

グレイスフィールドの子供で、唯一死んでしまったコニー。

最後にここで登場させてくるとは、さすが。

そして、ユウゴとイザベラの姿も。

これも実は あのお方の想定外?

この三人の声がなければ、もしかしたら永遠に会えなかったのかも。

そうして、ようやく再会したエマと家族ですが…

「みなさん どなたですか?」

まぁそうなりますよね。

首の数字も消えているのを見て、ハッとしました。

首に数字があったら、ニュースに出ていた子供だと騒がれるでしょうし、家族も手掛かりを見つけやすくなります。

あのお方も、ここはキッチリしていたようです。

そして、たまたまペンダントを拾った時に出会わせたことで、レイはそのペンダントを見て 目の前にいるのがエマだと確信。

まぁ、アホ毛もありますしね…( ´∀` )

ケジメ

鬼を全滅させずに、食用児全員が助かる。

その道を選んだ、エマのケジメ。

エマは一人で全てを背負い、家族との別れを選びました。

エマだって、家族と一緒にいたいし、忘れたくはない。

でも、今までの悲惨な過去を変えられるなら、それを厭わなかった。

エマの中では食用児だけでなく、ムジカやソンジュも 今となっては家族同然。

エマは食用児だけ助かる未来ではなく、鬼の世界のことまで考えていました。

鬼の世界に食用児がいなくなれば、ムジカの血で食糧難はなくなり、政権も安定するはず。

全てをエマが計算していたとは思えないですが、エマの理想通りの形となりました。

ただ、エマは一つ思い違いをしています。

それは家族が、エマがいないと 笑顔になれないということ。

エマはみんなが 笑顔で暮らせる世界の実現を目指していました。

しかしそれは エマがいなければ実現しないということに 自分では気づけなかったのでしょう。

いや、食用児の安全と 鬼の世界の安寧。

それと自分の存在を天瓶にかけたら、エマなら迷わず自分を犠牲にすることを選ぶのは、仕方なかったことなのかも。

よかった

ノーマンの言う通り、記憶が無くても生きているだけよかった。

あのお方が奪ったのは記憶だけ。

他は健康で、いい人に巡り合い ご飯もきちんと食べられている。

多分この先、一度奪われたエマの記憶は もう戻らないと思います。

さすがにそこまであのお方も、甘くはないでしょう。

でもエマは、本能で気づいています。

目の前にいるのが、本当の自分の家族なんだと。

それに 記憶を奪われたとはいえ、エマはエマに変わりがありません。

優しくて、勇気があって、誰よりも家族想いのエマ。

それが変わらない限り、またみんなでうまくやっていけるはず。

できたらこの先のみんなも見てみたいけど、それは少し先のお話になりそうかな。

まとめ的なもの

約ネバの最終回も、やはり賛否両論あるとは思いますが、私はすごく感情移入ができました。

まだ少し謎が残っていますが、そこはファンブックに期待しましょう。

レイの本当の誕生日、ノーマンがアイシェに言った鬼語、あのお方の正体、アンドリューを食べた鬼が 最後に言った言葉について などなど。

それにしても、この先のエマたちがどうなっていくのか、どこかで公式に出してほしいな。

キャラが多いので大変だとは思うけど、設定だけでも明らかにしてほしい。

みんな天才だし 才能を持った子が多いから、すごい事になりそうですが( ´∀` )

私はイベットがお気に入りなので、イベットが画家になった姿を見てみたい。

ラムダ組も無事そうで、最底辺の量産農園の子供も、呼吸器なしで歩けるようになっているとは、よかったよかった。

あとは…

ここから先エマが誰と結婚するのかとか…

禁忌な部分ですが、どうなるのでしょうか…( ´∀` )

またここは「想像にお任せ」的なやつですかね。

私の中では、エマとノーマンが幸せな家庭を気づき、それを影で支えるレイ みたいな感じを想像してます。

夫婦喧嘩の仲裁を、レイがしていたりとか( ´∀` )

そういえば、そんなシーンも前にあったような…?

ということで、約束のネバーランドは 堂々完結いたしました。

長い間本編を楽しませていただき、幸せでした♪

これからも 映画や海外ドラマなど、まだまだ話題はつきないので、また興味深いものがあったら記事にしてみます。

みなさんも、約ネバへの想い、白井先生への質問など、コメント欄で語ってみてください♪

それでは今回はこのあたりで♪

-約ネバ

© 2020 ここなの研究所