鬼滅の刃

【鬼滅の刃】縁壱と義勇の強さを比較してみた!猗窩座と義勇・炭治郎との戦いより【きめつのやいば】

2019年12月27日

この記事は約 4 分で読めるよ♪


縁壱の強さについて。

ある人物と比較することで、少しだけ見えてきました。

縁壱はとんでもない化物です。

それは、無惨がポップコーンとして破裂した千八百もの肉片を、一瞬で千五百と少し切り捨てた事からも分かります。

無惨が飛び散るとき、そんなにゆっくり飛び散ったワケではないでしょう。

それを一瞬にして、千五百と少しも切り捨てるなんて…

これは、1500回刀を振ったという事ではないと思いますが、それにしても凄すぎる。

どれだけ早いねん…

そして、これがどれだけ凄いのか、比較対象となる人物がいました。

それは、猗窩座と義勇です。

猗窩座と義勇・炭治郎の戦い。

猗窩座は自身の最強の血鬼術である、青銀乱残光という術で、義勇と炭治郎を攻撃しました。

そのとき義勇は、凪で猗窩座の術を受けようとしましたが、ほとんど受けきったもののいくつかの攻撃は、食らってしまっています。

猗窩座の青銀乱残光は、ほぼ同時に百発の攻撃を繰り出すという術です。

百発です。

無惨のポップコーンは、千八百。

そのうち縁壱が切り捨てたのは、千五百と少し。

およそ15倍。

少し性質は違うものの、凪で百発の攻撃を受けきることが出来なかった義勇と、千五百と少しの無惨の肉片を、一瞬にして切り捨てた縁壱。

これは比較できる部分と言えます。

義勇の凪は、特殊な能力というワケではなく、鬼の血鬼術を刀によって受け流すという、物理的な受け技となります。

その太刀筋は、通常の隊士では見えない程です。

しかし、それだけの速さの受け技にも関わらず、猗窩座の百発の攻撃を受けきることが出来なかった。

これが縁壱なら…

千五百…

いや、少なく見積もっても千くらいまでなら、耐えれてしまうのかもしれない…

つまり縁壱は、義勇の10倍の速さで刀を動かすことができる。

単純に考えるとそうなりますね。

しかし、これはそういった単純な話で、終わるような問題でもなさそうです。

というのも、透き通る世界があるからです。

縁壱は生まれながらにして、透き通る世界が見えていました。

透き通る世界の達人です。

透き通る世界では、時間がゆっくり進む。

炭治郎は猗窩座との戦いの際に、透き通る世界を見ていました。

そのとき、時間がゆっくり進むような感覚や、動きがゆっくり見えるという感覚を覚えています。

おそらくこれが、縁壱の強さの秘密。

縁壱には、無惨のポップコーンが弾ける時、かなりゆっくりとした流れで弾けていくように見えていた。

なので、千五百と少しを切り捨てる事ができた。

そういう事なのでしょう。

思えば炭治郎も、猗窩座の術の標的にされていましたが、致命傷は免れています。

これも、透き通る世界を見ていたおかげなのでしょう。

ということで、縁壱の強さの秘密。

それは、時間を止めるに等しい感覚で、ものすごく早く動ける、という事にあるようです。

縁壱に対抗するには、同じく透き通る世界が見える者でないと、全く歯が立たないという事にもなります。

でも、縁壱の透き通る世界は、生まれついてのチート級の感覚です。

透き通る世界が見えるだけでは、縁壱のスピードにはついていけないでしょう。

結果。

縁壱はやはり最強、という事になりますね。

そういえば、義勇も凪を使う瞬間は、透き通る世界のようなものに入っている可能性はありますよね。

太刀筋が全く見えない程の受け技なので、そういった可能性も考えられます。

なので、それを攻撃に転じることができれば…

無惨討伐に、大きく貢献するかもしれない。

今透き通る世界が見えているのは、炭治郎・悲鳴嶼さんのみです。

実弥もあれだけの動きを見せていたので、見えているかも?

しかし、透き通る世界が見えている悲鳴嶼さんでさえ、無惨の攻撃に苦戦している状態です。

おそらく透き通る世界が見えたばかりなので、熟練度が低すぎるのでしょう。

ということはやはり、炭治郎が鍵となってくるのでしょうか。

炭治郎の透き通る世界は、どこまでのレベルにあるのか。

今の回想で、どこまでレベルアップするのか。

そこが鍵となってきそうです。

-鬼滅の刃

© 2020 ここなの研究所