鬼滅の刃

【鬼滅の刃】184話考察|炭治郎は死にません!理由もあります!【きめつのやいば ネタバレ】

2019年11月25日

この記事は約 7 分で読めるよ♪


みなさんこんにちわ、ここなです。

今回の記事は「鬼滅の刃・184話考察」についてです。

それではどうぞ♪

地上戦

いよいよ地上戦に突入です。

無惨と共に地上に出たのは、炭治郎・義勇・小芭内・蜜璃の四人です。

183話の考察で私は、誰かしら怪我をしそうだと予想していました。

しかし、それは要らない心配だったようです。

全員無事に、外に排出されています。

そして、夜明けまでの時間も判明。

夜明けまでの時間は、あと1時間半。

90分。

輝利哉様はまだそんなにと、少し心配されていますね。

炭治郎も長いと言っています。

確かに、足止めするのに90分は長いですね。

無惨の気が変わった時点で、すんなり逃げられてしまいそうです。

というより、夜明けがきたら倒せると、考えてはいけないような気がします。

無惨を縛り付ける事でもできない限り、朝日にさらすのは不可能でしょう。

今の戦況を見ていると、それすらも難しいような…

他の者

現在の状況では、無惨と一緒にいた剣士以外の、行方が分かっていません。

善逸・伊之助・カナヲ・村田さん・悲鳴嶼さん・実弥・愈史郎ともう一人。

この者たちは、一体どうなってしまったのでしょうか。

さすがに死んでしまったという事はないと思うので、後々登場してくるとは思います。

早く同期組の活躍も見たいですよね。

あと、無一郎の亡骸を心配されている方もいました。

誰かが運んでくれるのか。

そんな余裕はなく、無一郎は地下に眠ることになるのか。

思い出すとやっぱり悲しいですね。

無惨

ファンの方はごめんなさい。

ちょっとディスります。

無惨様。

甲殻類みたいで…

なんだか、カニのような…

そこはあまり、触れてはいけない部分なのかもしれません。

それにしても、前回は手を変形させただけだったのに、今度は背中から10本も、爪のようなものが生えてきています。

無惨様、こういった武器がお好きなのですね。

ムチのようにしなる武器。

そういった趣味があるのかもしれません。

それは冗談として、これって間合いに入られると、隙が大きいような気もしますよね。

現に小芭内に首を斬られていますし。

普通の鬼なら、ここで死んでいたでしょう。

しかし、無惨様はやはり強い。

首を切られた瞬間から再生していくなんて、チートすぎます。

もうこれって、日輪刀が何も役に立たないという事ですよね。

コミックス16巻では、悲鳴嶼さんの武器も効いていなかったので、現状誰の日輪刀も通用しないようです。

それにしても、この無惨の再生速度。

人間に戻る薬で弱っているとは、とても思えなくなってきました。

やっぱり薬は意味がなかったのでしょうか…

モブキャラ

出ました。

モブの一掃。

もうこれは、ワニ先生の癖としか言いようが…

ここまで身を呈して柱を守るなんて、私ならできないです。

私ならこっそり隠れます。

モブ達は「肉の壁になれ」と言っている事から、また「肉の壁先輩」なるものが生まれてしまいます。

どれだけ先輩を増やせば…

そういえば、蜜璃が涙を流すのって初めてのような?

少し心が痛いです。

炭治郎

みなさん、ここを一番心配されていますよね!

炭治郎は、傷を負った右目から毒に侵され、死んでしまいました。

と、無惨が言っています。

鬼にならない程の大量の血を、無惨は攻撃に混ぜていたようです。

そうして毒が回り、炭治郎は死亡。

いや、待ってください。

まだ炭治郎は死んでいません。

私はそれを断言します。

主人公だから死なない、というのは置いておいても、まだ確実に炭治郎は死んではいません。

それはどうしてか。

まだ、右目しか細胞が壊れていないからです。

ここで、みなさんに思い出してほしい事があります。

コミックス2巻で、無惨に大量の血を注入され、死んでいった者のことを。

あの時殺された者は、全身の細胞が壊れて消滅していました。

では、炭治郎の場合はどうでしょうか。

右の額から頰までの間しか、細胞が壊れていないですよね。

なのでまだ、全身の細胞が壊れるまでは、猶予があるという事。

もしくは、炭治郎の体が無惨の血の影響を止めている状態。

そのどちらかではないかと思います。

吐血に関しては、呼吸の使いすぎの可能性もありますしね。

それでもやはり、命の危険があるという事は間違いなさそうですが…

禰豆子

炭治郎のピンチと毒。

もうこれは、禰豆子の出番しかないでしょう。

絶対に禰豆子は来ます。

禰豆子しか、現状を打破できる者はいません。

まず炭治郎は死んでいないとして、爆血で解毒、ただれた皮膚を治す役目も、禰豆子にはあります。

そして、兄弟で無惨と戦う。

もうこれしかありません。

無惨に日輪刀は効かないという、絶望的な状況の中、最後の切り札としてあるのは、禰豆子の爆血だけです。

そして、ここから少し妄想をさせていただきます。

展開妄想

この先の展開として、いくつかのパターンが考えられます。

まず、炭治郎の毒を解毒した禰豆子が、炭治郎と一緒に戦うというパターン。

いつものように、炭治郎の刀に爆血を付与する形です。

そして次のパターンは、炭治郎だけでなく柱にも全員、爆血を付与して戦うという展開。

これは結構熱い展開ですよね。

私の予想では、無惨に対しても爆血は効果的だと考えています。

むしろ爆血が効かなければ、どうあがいても無惨は倒せないような気がします。

という事で、爆血が効くとなれば、無惨は攻撃を避けるしかないでしょう。

まず、背中の爪のようなものは、すぐに斬られてしまうでしょう。

そこから先の展開はまだ読めませんが、もう一つだけ、妄想をしておきたい展開があります。

人間

これは、私が見てみたいという妄想です。

禰豆子が、人間の自我を取り戻した状態。

つまり、禰豆子が普通に言葉を話し、人間により近い状態で現れるということです。

今現在、人間に戻る薬を服用している禰豆子ですが、おそらく人間には戻らず、自我だけを取り戻すのではないかと。

爆血も使える鬼の状態で、自我を取り戻した状態。

珠世さんや愈史郎と、同じ状態だということです。

そうして現れた禰豆子。

炭治郎と言葉を交わし、共に戦う。

とても熱い展開だとは思いませんか?

さらにさらにです。

これも私が、個人的に見てみたい展開。

禰豆子が鬼殺隊の服を着て、刀を握っている姿。

鬼殺隊・鬼柱・竈門禰豆子。

これはないと思いますが、めちゃくちゃいい絵になりそうですよね。

もちろん隊服は、蜜璃のもので…♪

まとめ的なもの

みなさん炭治郎がどうなってしまうのか、そこを一番心配されているでしょう。

大丈夫です。

主人公は死にませんw

それよりも心配なのは、禰豆子が到着するまでの間、誰も犠牲にならないのかという部分です。

次に誰かが救援に現れるとするならば、誰かのピンチの時という場合が、可能性としては高めです。

黒死牟の時もそうでした。

玄弥のピンチに実弥が、実弥のピンチに悲鳴嶼さんが。

これは王道パターンでしょう。

それがただのピンチならいいのですが…

という事で、まだまだ安心できない展開の、鬼滅の刃でございます。

これは、最終回まで続きそうですよね。

ワニ先生も、いつ誰を犠牲にしようか、頭を抱えていらっしゃるかもしれません。

今回はモブキャラでそれを回避してくれましたが、次はどうなることやら。

みなさんも、覚悟だけはしておきましょう。

ここなの余談

余談というか、考察の続きというか…

いよいよ無惨との戦いが、最後の戦いとなりそうですよね。

ここから敵が増えるとしたら、あとは上弦の伍のみ?

終わりは近い…

そう感じます。

鬼滅の刃フィーバーが終わったら、ファン達は一体どこに流れるのでしょうか。

鬼滅の刃は忘れない。

それはもちろん。

でも、時代は移りゆくものです。

約ネバも終わってしまったら、ジャンプで読む作品がなくなってしまう?

ワンピースは考察をしている人が多いから、次はヒロアカでしょうか。

ヒロアカもまた、考察をする人が増えると予想しておきます。

なので今から考察を始めれば、先行利益は取れるかも。

でもまたすぐに、考察で溢れるだろうから…

いいタイミングで、新たな神作品が現れるといいのですが!

というワケで、少し読めない考察界隈。

今回の余談はそんな感じです。

それではまた♪

-鬼滅の刃

© 2020 ここなの研究所