約ネバ

【約束のネバーランド】ジェイムズの行方|約ネバ考察【約束のネバーランド ネタバレ】

2019年4月13日

この記事は約 4 分で読めるよ♪

動画で見る▼


テキストで見る▼

こんにちわ。漫画研究所です。今回の記事は「ジェイムズの行方」についてです。

最近ゴールディポンド編を読みあさっているのですが、ミネルヴァの生死、行方がどうしても気になります。

そこで色々と考えてみました。それではどうぞ♪


ウィリアム・ミネルヴァ

まずは、ミネルヴァについて振り返ってみましょう。ミネルヴァは、ジェイムズラートリーの仮の名前です。

ジェイムズラートリーは、ラートリー家の35代当主で、年齢は分かっていません。

ジェイムズは、自分の一族と鬼の約束が原因で食用児を生んでしまったことに、罪の意識を感じていました。

しかし、ジェイムズは立場上それを変えることはできませんでした。

なので農園の本に細工をし、せめてそれに気付いた食用児だけでも、逃げ出せるよう手配していました。

ゴールディポンドという隠れ家と、人間の世界への道も用意し、なるべく多くの食用児を救おうと考えていました。

そして、2031年5月20日。エマ達が聞いた録音を残し、そこから姿を消します。

そこから3ヶ月後の2031年9月、ピーターラートリーに「ジェイムズの死の連絡」が入っています。

しかし、死体は見つかっていません。ジェイムズは、ピーターの裏切りにより殺されたのです。

同時期である2031年9月、ピーターはゴールディポンドのことをバイヨン卿に密告しています。

このときピーターは、どこからかバイヨン卿の狩りの癖を聞いていたようです。


ジェイムズの行方

気になる点が数点出てきました。まずは、ジェイムズの言ったこの言葉です。

「私はこの世にはいないだろう」

ジェイムズラートリー

(引用元:約束のネバーランド9巻,38ページ)

結論から言うと、ジェイムズは七つの壁にいるのではないかと思いました。

私は、七つの壁を、過去や別空間と考えています。

ジェイムズが言ったこの世とは、人間の世界であり、今いる世の中。

そことはまた違う、別空間の七つの壁にいるという考察です。

七つの壁への行き方は、血やヴィダを使います。

もしこれが、神に自らを捧げるという意味なのであれば、七つの壁は「あの世」だという解釈もできます。

これを裏付ける要素となるのは、その後ジェイムズが言った「私は易々と殺されるつもりはない」という言葉です。

明らかに策がある様子です。そして、死ぬことを否定しています。

この言葉も核心に触れています。

「もし君が秘密裏に人間の世界へ逃げたければ、支援者を何人か向かわせる」

ジェイムズラートリー

(引用元:約束のネバーランド9巻,40ページ)

お気付きでしょうか。

ジェイムズは、エマ達が録音を聞いているときは、この世にはいないと言っているのに、支援者を向かわせることができるということです。

その後の言葉もそうです。

戦争を望むなら、支援者もジェイムズも阻むことはないと言いました。

ジェイムズが死んでいるのなら、阻むことはできないはずです。

明らかにジェイムズは、エマ達が録音を聞いているとき、支援者に指示ができる状態だと分かっています。

ここでもうひとつ推測です。

七つの壁へ行くリスクとして、戻ってこれるか分からないというものがありました。

もしかすると、ジェイムズはそれを承知で、七つの壁に向かったのではないかと思うのです。

なので、この世にはいないという言い方をした。

そして、七つの壁から戻ることはできないけど、支援者には連絡がつく状態だったということになります。

支援者のほとんどが殺されたのは、2031年12月です。

ジェイムズが殺された9月から3ヶ月間は、連絡を取っていたのかもしれません。

そこをアンドリューやピーターに見つかり殺された。こう考えることもできます。

2046年3月には、アンドリューが支援者はまだ残っていると言っており、エマやレイも支援者の電話を受けています。

ここまでは、ジェイムズも支援者と連絡がついていたのかもしれません。

そして、2047年9月、アンドリューは「この1年半で支援者は全員殺した」と言いました。

これがもし真実なら、支援者は全員殺され、ジェイムズと連絡を取れる者はいなくなったということです。


まとめ的なもの

ジェイムズも奥が深いですね。まだまだまとめきれていない部分があります。

ゴールディポンドがいつできたのか、9巻のカバー裏にいたのはジェイムズか?

ジェイムズの死因、ピーターの考え、という部分が気になります。

これらについても調べてみますので、次回の記事をお待ちください♪

-約ネバ

© 2020 ここなの研究所