約ネバ

【約束のネバーランド】七つの壁復習|約ネバ考察【約束のネバーランド ネタバレ】

2019年4月9日

この記事は約 4 分で読めるよ♪

動画で見る▼


テキストで見る▼

こんにちわ。漫画研究所です。今回の記事は「七つの壁おさらい」についてです。

現在の約ネバ最新話は130話。いよいよ七つの壁に突入といったところです。

七つの壁にはどのようにして行くのでしょうか。

そこを考える前に、まずは七つの壁についておさらいしてみました。

それではどうぞ♪


七つの壁

七つの壁というワードが初めて出たのは、ムジカの口からでした。

エマの目指す未来はその先にあるとムジカは言いました。

エマのこの時点での望む未来とは、家族全員を連れて人間の世界に行くということです。

なので、少なくとも七つの壁へ行き目的を達成すれば、それが可能になるということでしょう。

そして、ジェイムズラートリーの口からも、七つの壁というワードが出てきています。

ジェイムズが提示した3つの道。それは、鬼との戦争、少人数で逃げ出す、七つの壁を探すというものでした。

ここから分かるのは、七つの壁を探すことで鬼との戦争は回避できるということです。

ムジカとジェイムズの発言からの情報をまとめると、七つの壁に行くことで戦争は回避でき、さらに家族全員で人間の世界に渡れるということが分かりました。

これこそ誰もが望む、理想の道ではないでしょうか。


ジェイムズのチップ

次に七つの壁の情報が出てきたのは、ジェイムズが残していたペンのメモリチップからでした。

このチップの情報で、エマは七つの壁の秘密に気付いています。

【約束のネバーランド】9巻|60ページ|エマの気付き【約ネバ】
(引用元:約束のネバーランド9巻,60ページ)

エマはこのように言っていますので、おそらく予想とは違ったのでしょう。

エマはこの画像の部分を見て秘密に気付いたのだと思うのですが、文字は読めないようになっているので、ここから推測するのは難しそうです。

ただ、ひとつ気になるのはこのマークです。

【約束のネバーランド】9巻|58ページ|七つの刃のマーク【約ネバ】
(引用元:約束のネバーランド9巻,58ページ)

山と谷のような図の横にこのマークはありました。七つの刃のような形状をしています。

気にはなるものの、何が何だか予想は難しいですね。


もう一つの約束

エマは、レイや他の仲間にもチップの情報を見せています。そこで全員が七つの壁の秘密に気付きました。

ナットは、自分達が鬼と約束を結び直すことなんてできるのか、不安に感じています。

そこで出てきたのが「もう一つの約束」です。交わされたもう一つの約束。

これについても、現時点で推測は難しいものです。そういえば、ムジカも約束は一つじゃないと言っていましたね。


行き方

七つの壁の行き方について、チップの情報ではこのように書かれていました。

エマ達は七つの壁への行き方を既に知っているので、これも全て解読できているということです。

おそらく全てはお寺の天井絵を見て解読したのでしょう。


昼と夜

ここで少し気になる点があります。昼と夜についてです。

単行本12巻でレイは、昼と夜への行き方が分かったと言っていました。

ここでは七つの壁とは言っていません。

レイは、昼と夜へ行き約束を結び直すとも言っています。しかし130話では「七つの壁に行ってくる」と言っています。

では、七つの壁と昼と夜は同じものなのでしょうか?

私は違うと予想しています。

ユウゴは、昼と夜のことを入り口と言っていました。

なので、昼と夜は七つの壁を探すための入り口であって、七つの壁そのものではないのだと私は考えています。

そこで、先程の七つの壁への行き方の説明をもう一度見てみましょう。

【約束のネバーランド】12巻|35ページ|七つの壁の説明【約ネバ】
(引用元:約束のネバーランド12巻,35ページ)

ここの昼と夜の部分が入り口だとするなら、この先の北へ10里以降の部分は、その先ということになります。

そう考えると、七つの壁へ到達するまでのストーリーも、もう少し楽しめそうな気がします。


アンドリュー

アンドリューは、七つの壁に行き約束を結び直すというエマに対し、このように言っています。

「たとえ世界が許しても、我々は今この秩序でなければならないのだ」

アンドリュー

(引用元:約束のネバーランド12巻,166ページ)

この我々というのはラートリー家のことでしょう。では、現状の秩序でなければならないのはどうしてでしょうか?

詳しくは分かりませんが、今の秩序がラートリー家にとってメリットが大きいからなのでしょう。

食用児の供給がおろそかになれば、ラートリー家も鬼に襲われる危険性があります。

再び人間と鬼の戦争が起きるかもしれません。ラートリー家はそれを恐れているのかもしれませんね。

たとえ世界が許してもという言葉も少し気になります。

七つの壁に行けば、鬼の世界のルールが全て変わってしまうということなのでしょうか。


まとめ的なもの

今回は七つの壁についておさらいしてみました。次の動画では、130話についてまとめてみます。

どうやら、ヴィダ、金の水、月、血、影?などが関係してくるようです。

次回をお楽しみに♪

-約ネバ

© 2020 ここなの研究所