呪術廻戦

呪術廻戦112話~考察|親子対決で、いよいよ布瑠部由良由良を使うのか?宿儺乱入で荒れる展開【ネタバレ】111話

2020年6月23日

この記事は約 6 分で読めるよ♪


みなさんこんにちわ、ここなです♪

今回は「呪術廻戦・112話以降展開予想・親子対決」についてです。

それではどうぞ♪

111話

111話をざっくりまとめます。

まず、特級呪霊 陀艮を打ち破ったパパ黒。

暴走したパパ黒が次に狙ったのは、自身の息子である 伏黒恵でした。

領域展開を使えるということと、恵の潜在能力の高さを感じ パパ黒は狙いを定めたのでしょう。

そして、パパ黒と恵が駅から離脱した後、真希・七海・直毘人の前に 特級呪霊の漏瑚が現れます。

漏瑚は一瞬のうちに、七海・真希・直毘人と 次々に火炎で焼いていきます。

そして直毘人に 最後のトドメを刺そうとした瞬間、漏瑚は宿儺の存在を強く感じ、その存在を感じた方へ引き寄せられていきます。

そこにいたのは、虎杖と 奈々子と美々子。

奈々子と美々子は「宿儺様」と宿儺を崇めているような様子を見せ、虎杖に指を食わせることで、宿儺の復活を試みているようでした。

最後は漏瑚に焼かれてしまっていますが、最後に奈々子がスマホで術式を使っているため、まだ二人とも死んではいないと思います。

奈々子と美々子が、指を一本だけしか所持していないのかどうかは、今のところ不明。

そして 奈々子と美々子を焼いた後、漏瑚は10本の指を取り出し、虎杖に飲ませようとします。

111話はここで終わっています。

親子対決

ここからは、すべてが繋がっていく展開になると 私は予想しています。

まず親子対決ですが、現状 恵の圧倒的不利な状況は明白です。

恵は粟坂との戦いから 陀艮との戦いまで、ずっと呪力を消費し続けています。

特に陀艮との戦いでは、領域展開による莫大な呪力を消費、そして 鼻血を出すほどの 体への負担がありました。

対してパパ黒は、元々呪力というものを持ち合わせていないので、無傷な上に 体力もほぼフルパワーの状態。

そして、速さでいえば 宿儺の指3本以上の実力はあると思われます。

そもそも、パパ黒の速さに恵が全くついてこれていないので、このままいくと恵は すぐにパパ黒にやられてしまう事になるでしょう。

もしもここから、恵に起死回生の一手があるとするなら。

それは領域展開か もしくは「布瑠部由良由良 八握剣」を発動することです。

布瑠部由良由良

今までに何度か 恵が発動しようとしてやめてきた術式。

というのも、布瑠部由良由良を発動すると 死んでしまう可能性が大なのです。

五条悟の発言から、それは濃厚となっています。

今まで恵は、自分の死と引き換えに 敵を倒そうと考えたことがありました。

それは、布瑠部由良由良に 絶対的な自信があるから。

自分が死ぬことで、目の前の相手を確実に倒せる。

布瑠部由良由良は、それほど強力な術なのだと思います。

一旦は五条悟の助言により、布瑠部由良由良は封印しているようにも思えます。

しかし、死んでも勝たなければならない状況なら、恵は使うかもしれない。

では、今はその時なのでしょうか?

ここは微妙なところで、パパ黒相手に「死んで勝つ」というのは、少しいきすぎかもしれません。

宿儺くらいの大物が相手となると 話は違ってくるとは思いますが、パパ黒は一応人間の姿をしていますし、死んで勝つ対象には ならなさそうな気がします。

だとしたら、領域展開しか 残された道はありません。

領域展開

パパ黒に式神が通用しないことは、陀艮との戦いでなんとなく分かりました。

領域展開による必中があれば、パパ黒も倒しようがあるでしょう。

恵の領域展開に 必中効果があるかは不明ですが、もはやここしか考えられません。

しかし問題は、パパ黒が領域展開の発動を許すのかどうか。

そして 必中効果がなければ、領域を展開しても 徒労に終わる可能性が大だということ。

このあたりが問題となってきます。

あとは 布瑠部由良由良にしても、領域展開にしても、恵の体力と呪力がもつのかどうか。

そのあたりも 結構ヤバい状況だとは思います。

となると、親子対決の行方は また違った結末になる。

私はそう考えています。

つまり、この二人の決着というよりは 何かしらの横やりが入る。

私はそう考えています。

横やり

ここから乱入してくる可能性があるのは、誰になるのでしょうか。

まず 一番濃厚なのは、復活した宿儺ではないでしょうか。

なんといっても、恵は宿儺のお気に入り。

パパ黒に殺されてしまうことは、絶対不快に思うはず。

なので、親子対決の間に、宿儺が乱入してくる可能性というのも 十分考えられます。

ここにもし 宿儺が現れるとするなら。

まず狙われるのはパパ黒。

宿儺が領域展開を発動すれば、一瞬で決着がついてしまいそうですが、そこは盛り上げるため 一旦はゴリラ廻戦が始まるでしょう。

しかしです。

復活した宿儺は既に、指15本分の強さとなっているはず。

以前に恵が戦った宿儺は、指三本分。

それより速いかもしれないくらいのパパ黒では、とても敵わないでしょう。

いやでも、ここで一つ思うことがあります。

お気に入り

もしも宿儺が、親子対決に乱入してきたとするなら、宿儺はパパ黒が恵の父親だと 気づきそうな気もしますよね。

そして、パパ黒は強者を狙うバーサーカーなのですから、恵から宿儺へ ターゲッティングを変えてくるはず。

そして 宿儺とパパ黒が激突。

ここでもしかしたら宿儺は、天与呪縛によるパパ黒の身体能力の高さを見て、パパ黒のことも気に入ってしまうかもしれない。

気に入りながらも 最後はパパ黒を倒すとは思いますが、そのあともしかしたら恵に パパ黒が父親だと教えることになるかも?

でもそれだと、感動的なシーンというのは期待できなさそう。

いやそもそも、この親子に感動的な場面というのは、用意されているのか微妙。

いきなり父親が現れたとなっても、恵には何の感情もなさそうですし、パパ黒は 息子の名前を忘れていたくらいですから。

母親が出てくるのなら 感動要素もありそうな気がしますが、今はそこも期待できなさそう。

意外にあっさりと終わっちゃいそうな気がします。

まとめ的なもの

親子対決がどうなるのか。

私の中での結論は、復活した宿儺が乱入し パパ黒を倒すことで決着する。

そう予想しておきます。

もしくは、パパ黒のほうから強者の元へ向かう展開。

宿儺ほどの強者ですから、パパ黒も真っ先に そちらへ向かう可能性もあります。

つまり、恵とある程度戦っている間に宿儺が復活し、それに気づいたパパ黒が 宿儺の元へと駆け付けるという展開です。

これだと 親子関係とかそのあたりの話は、もう出てこなくなりそうな気もしますが…

この先、一体どうなっていくのでしょうか。

次週のジャンプは、6月27日土曜日の発売です。

お見逃しなく♪

ということで、今回はこのあたりで♪

-呪術廻戦

© 2020 ここなの研究所