鬼滅の刃

【鬼滅の刃】202話考察予想|伊之助と炭治郎はどうなる?義勇・実弥・善逸・カナヲ・愈史郎・村田・禰豆子・鱗滝の動き【きめつのやいば 201話】

2020年4月6日

この記事は約 8 分で読めるよ♪


202話以降、どういった展開になるのか。

今回はそこを予想してみたいと思います。

201話の最後では、鬼化した炭治郎が伊之助を襲うという、とても悲しい展開を迎えています。

このまま伊之助は殺されてしまうのか。

それとも誰かが助けに入り、九死に一生を得るのか。

私の予想では八割方、伊之助が炭治郎に殺されるということはないと思います。

これはただの勘です。

でも、炭治郎が伊之助を殺してしまっては、炭治郎が人間に戻ったときが辛すぎる…

炭治郎も死ぬというのなら、伊之助を殺してしまうような展開もありえます。

でもさすがにそこまでは…

いや、ワニ先生なら…

そういった葛藤もあるかと思います。

思えば今までの残酷な死は、そういった事を思わせるための伏線。

今まで無事にみんな生きてきたのなら、ここでも確実に誰かが止めに入ると、安易に想像できてしまいます。

しかし、それをさせないのがワニ先生なのです。

これは、実によくできた伏線です。

私は伊之助が助かると予想をしていますので、今回はどのようにして助かるのかを、予想してみたいと思います。

伊之助

まずは、伊之助が自分で攻撃を回避、受け止めるという展開。

つまり、誰も助けに入らないという展開です。

伊之助は頸を斬れないと言っているだけで、攻撃を避けれないとは言っていません。

まだかろうじて動けている伊之助なので、なんとか攻撃を避けるか、受け止めるという展開も、可能性はゼロではありません。

もしくは、傷を負ってでも攻撃を受け止めて、なんとか炭治郎に語り掛けるという展開。

そういった展開も考えられます。

そしてそこで、炭治郎の精神が人間に戻りかける。

伊之助の訴えにより、本来の優しい炭治郎が顔を出す。

そこで炭治郎が言う言葉は「頸を斬って」

想像するだけでも悲しい。

でも、伊之助の訴えだけで全てが終わるとは思えないので、そこで禰豆子も絡んでくるでしょう。

あとカナヲも。

禰豆子は兄妹として、炭十郎に託された使命もありますので、炭治郎を助けるために登場することは、確実だと言えます。

カナヲに関しては微妙なところですが、一応作中では炭治郎と「いい関係」なので、ここらあたりで登場してくるかと思います。

怖いのは、カナヲが犠牲になってしまうということですが…

そのあたりは後述します。

助ける

今度は、誰かが伊之助をかばうような展開について、考えてみたいと思います。

今現在生き残っているメインキャラで、助けに来れる可能性があるのは、炭治郎と伊之助を除いて、義勇・実弥・善逸・カナヲ・愈史郎・村田・禰豆子・鱗滝の八人です。

蜜璃と小芭内、悲鳴嶼さんは今回登場していませんが、ほぼ死亡は確定しています。

カナヲに関しては行方不明ですが、さすがに知らないところで死ぬという展開は、ないように思えます。

鱗滝も禰豆子を追いかけて、近くまで来ている可能性があるので、今回は候補に入れました。

天元と槇寿郎についてですが、二人は前回まで本部にいたので、伊之助をかばうという点では、無理があるので候補には入れていません。

なので、実質この八人のうち誰かが、伊之助をかばう可能性があります。

状況

では、いったい誰が伊之助をかばえるのか。

それぞれの状況を整理しましょう。

まず義勇。

義勇は、炭治郎と伊之助の一番近くにいる状態ですが、失血で目が回り、立ち上がれない状況。

さすがにこの状態から、神速で伊之助をかばうというのは、現実的ではないと思います。

次に実弥。

実弥は今回、寝息を立てて寝ている状態。

義勇が集まれと号令をかけてから少しの時間がありますので、その間に隠が実弥を起こしていれば…

でも、これだけボロボロの実弥を、誰かが起こして連れて行こうとは、さすがに思わないような…

ここはちょっと微妙なライン。

次に善逸。

善逸は炭治郎が伊之助に襲い掛かるとき、一歩も動いていません。

足も片方潰れているので、ここから霹靂一閃で助けるというのは、おそらくないでしょう。

私の予想では、善逸がかばうという展開は、可能性はゼロに近いと思っています。

次は愈史郎。

愈史郎は今回、一コマしか登場していません。

これがどこにいるのかは分かりにくいところですが、声は聞こえているようです。

札も持っているので、隠れて忍び寄るような展開も、可能性としてはありそうです。

愈史郎と炭治郎も、付き合いが長い間柄ですし、鬼化した愈史郎ならではの、鬼対策も知っているかもしれません。

それをここで披露するのか、それとも落ち着いた頃に、炭治郎に対してそれを使用するのか。

私は後者のほうが、可能性としては高めかなと思っています。

残りの候補

残った候補は、村田・カナヲ・禰豆子・鱗滝の四人。

この四人は、今現在どこにいるのか分かっていません。

村田さんについては、無惨が消滅するとき驚いている様子が描かれていますので、無惨が見える位置、つまり近くにいるということが分かります。

なので、村田さんがかばいにくる可能性も?

でも、この状況から助けに入るには、村田さんでは少し厳しい気もします。

体を張って炭治郎の攻撃を受けるのであれば、話は別ですが…

禰豆子に関しては、隠に誘導されて向かっている描写がありましたので、もうすぐそこまでは来ているといった状況。

ただ、禰豆子はもう人間ですので、誰にも気づかれずに伊之助をかばいに来るスピードは、もうないような気がします。

カナヲについては、前回炭治郎に助けられてから一切の登場がないので、今はどこにいるのか不明です。

カナヲが離脱した場所から、無惨が走って逃げた場所までは、少しの距離があります。

カナヲもダメージを負っていましたので、治療を受けて大丈夫そうなら、炭治郎たちの場所へ向かっているのではないでしょうか。

そして今回、伊之助を助けて犠牲になる。

それはちょっと…

でもこの四人のメンバーの中で、伊之助を助けられる可能性が一番高いのは、カナヲです。

一番機動力があるからです。

なので、ここでカナヲが登場。

伊之助をかばい、炭治郎に人間に戻れと訴えかける。

そして先ほどもお話した、炭治郎が少しの間自分を取り戻す展開になっていく。

もしも炭治郎が、カナヲに対して「頸を斬って」とお願いしたら…

カナヲには無理ですよね…

そして最後は、鱗滝について。

鱗滝も禰豆子を追っていて、現場の近くにはいる可能性があります。

しかし気になるのは、禰豆子を追い越して炭治郎のいる場所まで、先回りしているのかどうか。

普通なら禰豆子に先に追いついて、声をかけるのが普通だと思います。

なので私は、鱗滝がここで登場するというのは、可能性としては低いかなと思っています。

一旦まとめ

伊之助を助けに来れるメンバーの、まとめです。

可能性としてありそうなのは、義勇・実弥・愈史郎・カナヲの四人。

半分まで絞り込みました。

さらに半分に分けると、愈史郎とカナヲの二人の方が、可能性としては高めだと思います。

カナヲは機動力もあり、助けに入るスピードがありそうだということ。

愈史郎は義勇の声が聞こえており、それなりの機動力、鬼化した者同士という共通点があるということ。

どちらかと言われれば、同期組という伊之助と炭治郎との共通点がある、カナヲのほうが有力かなと、私は予想しておきます。

違うパターン

ここまでは、伊之助が攻撃を回避、もしくは受けるという線と、誰かが伊之助を助けに来るという可能性で、話をしてきました。

それ以外にも、可能性として考えられる線があります。

ひとつは、炭治郎自身が自我を取り戻そうと、いきなり苦しみ出すというもの。

伊之助に攻撃が当たる寸前、炭治郎の中の優しさが、自分から鬼化を防ごうとする展開です。

しかし、ずっとそれが続くとは思えないので、やっぱり炭治郎は「頸を斬って」、もしくは「俺を殺して」と涙ながらに言う…

そういったシーンも想像できます。

あとは、直接禰豆子が割って入るという展開。

これは禰豆子が鬼化していなければ、状況的に無理だと思います。

禰豆子が走ってきている中で、炭治郎が鬼になったことに気づく。

そして自身も鬼化をし、炭治郎を止めに入る。

兄妹対決勃発。

これについては、今後の記事で。

まとめ的なもの

伊之助はピンチとはいえ、助かる確率のほうが高め。

そう願いたいところです。

ここで炭治郎が伊之助を殺してしまっては、読者も一生それを引きずらなければならない。

それだけはないと、ワニ先生を信じたい。

ということで、今回の記事は以上です。

ここなの余談

本日アパホテルの社長がテレビに出ており、ホテルの一部を、感染者の受け入れ施設として提供すると言われていました。

これがどれだけ素晴らしいことか。

一部の人からは風評被害を受けるという、哀しいコメントも残されていました。

お金のためとか言われていたりもしますが、風評被害や従業員のことを考えたら、これは苦渋の決断です。

逆に、デメリットの方が大きい可能性すらあります。

社長の元谷さんは、社会のためになるならと、観光庁からの打診を快く受けたそうです。

やはり大企業の社長ともなると、決断が早い。

そういった印象を受けます。

それに、人として素晴らしすぎる。

アパホテルがどうのこうのではなく、一人の人間として尊敬する。

私はそう感じます。

東京で3000室、大阪で1500室、名古屋で300室ほど。

これだけの受け入れ施設、簡単に用意できるものではありません。

こういったニュースを見たとき、どう感じるのか。

これはとても大事です。

私はそこから何が学べるのか、いつも考えています。

ただのニュースとしてスルーしていたのでは、何も成長はないからです。

最悪なのは、マイナス面だけを掘り下げてネットに書き込みをする人。

ツイッターで愚痴ったり、誰かと電話で愚痴を言い合ったり。

終わってる。

-鬼滅の刃

© 2020 ここなの研究所