鬼滅の刃

【鬼滅の刃 考察】村田さんは生き残れるのか?フラグクラッシャー村田の生死について【きめつのやいば ネタバレ】185話~

2019年12月3日

この記事は約 4 分で読めるよ♪


みなさんこんにちわ、ここなです。

今回の記事は「村田の生死」についてです。

それではどうぞ♪

戦況

現在の最新話は185話。

柱が無惨の元へ集結し、戦いはさらにヒートアップしています。

そんな中、義勇に村田と呼ばれ、感動しながら炭治郎を運ぶ村田さん。

私はこの役目、非常に危険だなと思ってしまいました。

主人公を運ぶ人が、主人公のために犠牲になる。

そういった予想が、ふと頭に浮かんだのです。

不吉な予想にはなりますが、一応考えておくポイントだと思います。

ということで、どういった流れで村田さんは犠牲になるのか。

少し考えてみましょう。

展開予想

まず初めに、村田さんは炭治郎がまだ生きている事に、気づくような気がします。

炭治郎を抱きかかえて、安全な場所まで運ぼうとする村田さん。

炭治郎の心臓が動いている事や、息をしている事に、いち早く気づくのではないでしょうか。

ただ、炭治郎が本当に一旦死んでいるのだとしたら、それはないのかもしれません。

でも義勇が「手当を頼む」と言っているあたり、炭治郎はまだ息をしていて、それを村田さんがどうにかしようとする。

そういった展開が想像できます。

でも、どうしたらいいのか分からない村田さん。

そこへ愈史郎が現れる?

善逸を救った時のように?

でもおそらく、愈史郎の医療技術を持ってしても、炭治郎を救う事はできないでしょう。

おそらく炭治郎を救えるのは、禰豆子の爆血だけ。

そして、無惨は柱を倒しながら愈史郎や村田さんも狙ってくる。

炭治郎が生きていると知り、再度炭治郎を狙ってくるかもしれません。

ここです。

ここで村田さんが犠牲になるのではないか。

私はそれを予想してしまいました。

痣者

村田さんは痣者ではありません。

ここで痣者に覚醒するという展開も、おそらく期待はできません。

なので無惨の攻撃を少しでも食らってしまうと、確実に即死してしまうでしょう。

という事はです。

ここにもワニ先生は、感動的な演出を放り込んでくる。

私はそう予想しています。

村田さんは炭治郎をかばい、無惨の攻撃を受けてしまう。

しかし、村田は倒れない。

村田は即死しない。

いくら攻撃を食らっても、炭治郎を守るために立ち続ける。

そして最後は、立ったまま死んでいた。

こんな展開はいかがでしょうか?

もしくは、村田さんが無惨の攻撃を食らって死ぬまでの間に、禰豆子が助けに来て炭治郎が復活。

村田さんは炭治郎に、涙を流しながら遺言を残す。

「俺の家族の仇を取ってくれ」

そうして村田さんは死亡。

怒りに燃えた炭治郎が、十三の型で無惨を倒す。

これらは全て私の妄想ですが、これだったら弱い村田さんでも、炭治郎の怒りの沸点を超えさせる役目として、見せ場を作れるのではないでしょうか。

生存説

最後は逆に、生存説も唱えておきましょう。

生存説でいくとするなら、攻撃を一回も食らえないという、かなり難しい問題をクリアしなければなりません。

しかも今回の185話で、意外にも村田さんの無惨への殺意が強いことが、明らかになりました。

この殺意、そのまま無惨に向けてしまうと、一瞬で村田さんは死んでしまうでしょう。

なので、村田さんが生き残る道は一つ。

炭治郎を安全な場所に移動したら、どこかに隠れるか、遠くに逃げるのみ。

でも、これって無さそうですよね。

殺意もありますが、村田さんは人に頼られると、逃げ出すような事はしない男です。

炭治郎を見捨てて逃げるという事は、まずないでしょう。

なので炭治郎が目覚めるまでは、村田さんは炭治郎の側にいる事になるでしょう。

こう考えていくと、どうしても私の中で村田さんは、犠牲になってしまう絵しか思い浮かばない。

善逸の時のように、下弦クラスの鬼の相手ならどうとでもなりますが、今回は相手が無惨ですから…。

まとめ的なもの

村田さんの生死。

どう転ぶかは分かりませんが、覚悟だけはしておきましょう。

村田さんが確実に生き残るとは、言えない状況になってきました。

でも、散るなら華々しく散ってほしい。

ワニ先生は、そういった部分はきちんと演出してくださいます。

そういえば、善逸・伊之助・カナヲの行方も気になりますよね。

この3人についても、考えなければならない部分があります。

それはまた次回以降、考えてみたいと思います。

あと、伊黒さんの事についても皆さん、心配されている事でしょう。

その辺りもまた、考えてみたいと思います。

今回の185話には、まだまだ考えるべきポイントが盛りだくさんです。

私の手が追いつかないくらいに。

早バレもあるし急がなければ…!

ということで、今回の考察は以上です♪

-鬼滅の刃

© 2020 ここなの研究所