呪術廻戦

【呪術廻戦】ついに獄門疆が開く!五条悟の復活も近い!天使の術式を利用する?【146話以降ネタバレ考察】

2021年4月14日

呪術廻戦145話考察

今回は、獄門疆(ごくもんきょう)の開門についてです。

果たして、五条悟を獄門疆から解放することはできるのでしょうか。また、どの方法で開門することになるのでしょうか?

そのあたりを考えてみたいと思います。

獄門疆の開け方

145話で天元様が取り出したのは、獄門疆の裏。

なんだそれって感じですが、獄門疆には表の出口と裏の出口があって、裏は天元様が隠していたけど、海外にあった表は隠しきれなかったんだそう。

表・裏ともに開門の権限は羂索(けんじゃく)にあるのだけど、もういくつかこじ開ける方法がある。

それは、獄門疆自体の術式を強制的に解除する「天逆鉾(あまのさかほこ)」を使うか、もしくは術式効果を乱す例の縄を使うこと。

天逆鉾は11年前にパパ黒が持っていたもので、天元様によると五条悟が海外に封印してしまったか、壊してしまったとのこと。

例の縄とは、呪術廻戦0でミゲルが五条悟の術式を乱していた「あの縄」。ミゲルの株が一気に上がっていたやつです。

しかしその縄も、五条悟によって消されてしまったとのこと。

乙骨とミゲルが海外にいたのは、この縄「黒縄(こくじょう)」を探していたんですね。

五条悟がなぜ、前もって黒縄を探させていたのかについては、確か分かっていないはずです。

獄門疆の存在について何か知っていたのか、それとも違う何かに黒縄を用いようとしていたのか。

そのあたりは不明ですが、とにかく、獄門疆を開門する術は、五条悟によって無いものとされました。

よく考えてみれば、天逆鉾も黒縄も、五条悟の最強を揺るがすアイテムなので、消し去っておいたというのが正解かもしれない。

いやぁ、なんとも言えない。

天使

天逆鉾も黒縄も無いとなると、もう天元様の言っていた「天使」に頼むしかないと思うのですが、果たしてそんなに簡単にいくのかどうか。

僕の予想では、天使が仲間になるという事はないと思います。

直観ではありますが、死滅回游(しめつかいゆう)の参加者であり、得体のしれない千年前の術師ということで、おそらくは。

なので、虎杖達(いたどりたち)は天使と戦う流れになるはず。

となるとです。ここで同時に獄門疆の開門も期待ができます。

どういう事かと言いますと、天使は手にラッパを持っています。おそらくはこのラッパで、術式を消すことができるのだと思います。

つまりラッパを吹いた瞬間に獄門疆を差し出せば、獄門疆の術式は消され、五条悟が出てこれるのではないかと。

いやでも、そんなにすんなりといくでしょうか?

虎杖・伏黒・乙骨(おっこつ)・真希。誰が天使のところへ向かうのかはまだ分かりません。

真希はちょっと術式がないのであれですが、術式のある三人が端から本気でかかれば、天使はラッパを吹いて術式を消そうとしてくる。

そこに合わせる形で獄門疆の開門を。

そうも予想できますが、そもそも天使がラッパを吹いた時、消す術式の対象を選べるとしたら、獄門疆の術式をわざわざ消したりするのか。

そういった問題もあります。

いやしかし、天使って強すぎませんか?

天使の術式に何も条件がないとするなら、宿儺(すくな)の術式や五条悟の術式ですら、消せてしまうという事です。

おそらくは何かしらの条件、時間であったり発動までの条件であったり、そんな感じの縛りはありそうです。

体術的にはあまり強そうではないので、真希が天敵となったり?それを言ったら、乙骨だって虎杖だって体術は強いです。

天使が他にも術式を持っている可能性もありますし。

そもそも、どうして1000年前から生きているのか。

これは裏梅同様、謎なところです。

まとめ的なもの

ここに術式のない真希がいる事は、何かしらの意味もありそうですし、乙骨のリカちゃんなんかも期待できます。

天使を味方につける、もしくは操ることは難しいと思うので、戦いながら天使の術式を利用するということになるのでしょう。

ということで、僕の予想は終わりです。

みなさんが考える考察も、コメント欄で教えてくださいね。

では今回はこのあたりで♪

-呪術廻戦

© 2021 ここなの研究所