鬼滅の刃

【鬼滅の刃】193話考察③|禰豆子が敵に⁉最後は炭治郎が禰豆子を…【きめつのやいば】

2020年2月12日

この記事は約 5 分で読めるよ♪


みなさんこんにちわ、ここなです。

今回の記事は「鬼滅の刃・193話考察③」についてです。

現状

現在の最新話は193話。

禰豆子はまだ到着しておらず、絶妙なタイミングで登場すると私は見ています。

禰豆子の登場により、場は一体どうなってしまうのか。

とても気になるところですよね。

禰豆子の登場があると、それは物語の本当のクライマックス。

私はそう見ています。

そう考えてみると、禰豆子の到着が遅れれば遅れるほど、まだ物語は終わらないとも思えますよね。

それは非常にありがたいのですが、禰豆子の登場がもうすぐ迫っていることは確かでしょう。

ではまず、いったいどの場面で禰豆子が登場するのか。

そちらから考えてみましょう。

登場

禰豆子の登場は、やはり誰かがやられそうな時。

そういった展開が濃厚なのではないでしょうか。

だとすると、やられそうになる候補は炭治郎だけしかいません。

炭治郎のピンチに禰豆子が登場する。

これが濃厚でしょう。

思えば累のときも堕姫のときも、そして半天狗のときも、禰豆子は色んな意味で炭治郎を助けてきました。

なのでまた、炭治郎を助けに来てくれる。

私はそう信じています。

気になるのは、禰豆子にどこまで薬が効いているのかという点です。

禰豆子は覚醒すると体に痣が発現し、角が片方生えてきます。

あの状態で現れるのか、もしくは人間に戻っている影響で、通常の姿での登場となるのか。

通常の姿であれば、少し危険だと思います。

強さ的に無惨とは、到底やり合えないだろうと思われるからです。

できれば角が生えた状態で、まだ鬼でいてほしい。

私はそう思います。

無惨

禰豆子の登場で炭治郎が救われる。

一旦はそのような展開になると仮定しましょう。

しかし、炭治郎が助かってホッとすると同時に、そこからはかなり危険な状態になっていくでしょう。

無惨が禰豆子を狙うと思われるからです。

無惨の悲願である、朝日を克服するということ。

朝日を克服してしまえば、無惨には弱点がなくなり、最恐の存在となってしまいます。

ただ、今は老化の影響もあるので、いずれ縁壱のような存在が現れてしまえば、朝日でなくても倒されてしまう可能性はあります。

そうだとするなら、また無惨は隠れるのかも…?

と話が少しそれましたが、それでも無惨は、禰豆子を吸収しようと考えるでしょう。

禰豆子を吸収してしまえば、59分後の夜明け以降も余裕で戦えるからです。

そうだとするなら…

そこからどうなってしまうのか…

私の予想を発表したいと思います。

予想

私の予想では、禰豆子は一旦無惨に吸収されてしまうと思います。

無惨は口で人間を喰うような事はしないと思うので、手を変形させるなりして、禰豆子を吸収しようとするでしょう。

炭治郎や禰豆子も抵抗するとは思いますが、炭治郎の体力切れと同時に隙が生じ、その一瞬の隙を狙って無惨が禰豆子を吸収する。

そんな展開になりそうな気がします。

そうなってしまうと、無惨が朝日を克服してジエンド。

さてさて、そこで話が終わってしまうのでしょうか。

いや、禰豆子はそう簡単には死なないと思います。

無惨の中には、珠世の細胞がずっと残っていました。

取り込んだ鬼の細胞は、無惨の中に残るということです。

珠世は無惨が呼び起したことにより出てきましたが、そこを禰豆子は無理やり出ようとしてくるのではないか。

私はそんな気がしています。

では、どうしてそんな事が可能になるのか。

ここで、老化の薬の出番です。

無惨は体の老化を抑えている状態ですが、常に歳をとり続けています。

寿命があるかどうかは分かりませんが、私は無惨が少しずつ弱っていっていると考えました。

そして、禰豆子を吸収された怒りで、最後の力を振り絞る炭治郎。

再度ヒノカミ神楽で無惨と戦う。

そうなると、無惨も老化を完全に止めることができないかもしれない。

その隙を見て、禰豆子が無惨の細胞を支配していく。

そうなると何が起きるのか。

私はもう一つ予想をしています。

最悪

これからお話する展開は、最良であり最悪です。

禰豆子が無惨の細胞を支配する。

そうなるとどうなってしまうのか。

そうです…

禰豆子が敵になってしまう可能性があります。

禰豆子がいかに若くて強く、無惨が弱っていたとしても。

さすがに鬼の始祖である無惨ですから、そう簡単に支配されることはないでしょう。

それに、禰豆子の人間に戻る薬の影響もあり、とても不安定な状態になるとも推測できます。

禰豆子と無惨が支配しあう状況。

姿は禰豆子のような、無惨のような。

全身は痣だらけになり、禰豆子に角が二本生えた姿になるかもしれません。

もしもそうなっていくとするなら炭治郎は…

禰豆子と無惨を同時に倒さなければなりません。

炭治郎は苦渋の決断を迫られる。

炭治郎は、禰豆子が無惨の中にいるとわかっていても、無惨を倒すことができるのか。

私はそういった展開を予想しています。

この展開なら最後は、禰豆子ごと無惨を斬るような展開になるでしょう。

最後は笑顔の禰豆子が、人間のときの姿で…

炭治郎に斬ってとお願いする。

そんなシーンが想像できてしまいます。

まとめ的なもの

想像していて悲しくなってしまった。

禰豆子には爆血もあるので、内側から燃やすのではないかという予想もできますよね。

でも、人間に戻る薬の影響がそこで…

どうしても悲しい展開が見えてしまう。

今回は悲しい展開予想でしたが、次は少し明るめの展開予想もしてみようかと思います。

それではまた♪

-鬼滅の刃

© 2020 ここなの研究所