鬼滅の刃

【鬼滅の刃】浅草の旦那の強さ|実は最強クラスの血鬼術持ち?【きめつのやいば】

2022年4月21日

鬼滅の刃 浅草の旦那の強さ

「鬼滅の刃で最も活躍したモブキャラ」と問われた時、あなたは誰を思い浮かべますか?

名前のあるモブキャラの中で述べると、鬼殺隊の村田や、隠の後藤あたりが挙げられます。

ネタの意味では、サイコロステーキ先輩も貢献してくれました。

しかし、今回ご紹介するキャラクターは上記の誰でもありません。

そう、最も活躍したモブキャラとは、タイトルにもある通り「浅草の旦那」です。

今回の記事では、浅草の旦那の数奇な人生を振り返るとともに、その血鬼術の強さについて考察していきます。

いいねとチャンネル登録を宜しくお願いします。

浅草の旦那推しの方も、そうでない方も、是非コメントしていってください。

では参ろう。

浅草の旦那とは

まずは、浅草の旦那というキャラクターについて軽く振り返っておきましょう。

舞台は『鬼滅の刃』2巻の13話。

鎹鴉の指示のまま浅草に向かった主人公・竈門炭治郎は、嗅ぎ覚えのあるにおいを感じ取りました。

そのにおいとは、家族の失われた家に残っていた鬼の始祖・鬼舞辻無惨のにおいです。

においを辿り、鬼舞辻無惨と対峙した炭治郎。

突如呼び止められたことに不快な表情を浮かべた無惨は、付近にいた適当な人物に血を分け与えました。

そう、この血を分け与えられた人物こそが、今回ご紹介する「浅草の旦那」その人です。

無惨の血を分け与えられるということは、つまり鬼になることを意味します。

鬼化によって自我を失った浅草の旦那は、愛する妻に対して文字通り牙を剥きました。

肩を食いちぎられてなお、「あなた!!」と旦那の身を案じる妻。

一方の無惨は、鬼となって暴れている浅草の旦那を陽動として、その場を立ち去ってしまいました。

浅草の旦那とは、つまるところタダの一般人。

その日たまたま浅草に居合わせ、何の因果か鬼の始祖の近くを通ってしまったがために、鬼に変貌させられてしまったのです。

珠世の尽力

不幸にも鬼となってしまい、本能のままに人間の血肉を欲する浅草の旦那。

居合わせた炭治郎の「この人に誰も殺させたくないんだ!!」という悲痛な叫びは、同じくその場に居合わせた珠世の耳に入りました。

珠世とは、無惨の支配を抜け出した鬼にして、医者としての側面を持つ人物。

珠世は自身の身体を改造し、少量の血で生きることを可能としていました。

炭治郎による禰豆子と十二鬼月の血の提供を受けた珠世は、順調に研究を進めます。

そして彼女の尽力により、『鬼滅の刃』15巻にて、遂に浅草の旦那が自我を取り戻しました。

珠世同様、少量の血でも生きられるようになった浅草の旦那。

彼の側には、今も妻が寄り添っていました。

浅草の旦那の血鬼術

さて、浅草の旦那は、鬼舞辻無惨の気まぐれによって鬼となり、普通の人生を破壊されてしまいました。

しかし彼は、炭治郎や珠世との出会いを経て、人としての道は踏み外さずに済みます。

さらに珠世の研究成果により、少量の血の摂取のみで生きることが可能となった浅草の旦那。

ここからが本題です。

浅草の旦那は、なんと血鬼術を会得していたのです。

下級の鬼では扱う事すら出来ない異能・血鬼術を、少量の人間の血しか摂取していない浅草の旦那が使用できるという事実は、異例中の異例。

鬼という種族は、人の血肉を多く摂取するか、鬼の始祖・鬼舞辻無惨の血を分け与えられることで強く成長します。

浅草の旦那が鬼化したシーンを振り返ってみても、体内に注入されたであろう無惨の血は、恐らくごく少量。

あの場における無惨の目的は「鬼に騒ぎを起こさせること」でしたから、人間が耐えられないほどの血を注入するとは考えられません。

さらに浅草の旦那は、珠世によって少量の血で生きていけるよう改造を施されていました。

つまり浅草の旦那は、無惨の血も人間の肉も摂取せず、自らのポテンシャルだけで血鬼術を体得したのです。

血鬼術の強力な効果

浅草の旦那が血鬼術を使用できることの異常性については、お分かりいただけたかと思います。

続いては、血鬼術の効果について見ていきましょう。

浅草の旦那の血鬼術は、『鬼滅の刃』16巻で、鬼舞辻無惨を対象に使用されました。

その効果は、複数の肉の種子から無数に枝分かれする血の棘を生成する、というもの。

お館様こと産屋敷輝哉の自爆によって、少なからずダメージを負っていた無惨は、この血鬼術で身体を固定されてしまいます。

その後、愈史郎の血鬼術で接近した珠世が、無惨に複数の薬を吸収させることに成功しました。

無惨との最終決戦を振り返ると、鬼殺隊の勝利は、珠世の薬なしには決して実現しなかったように思われます。

そして、珠世の薬が無惨に届いたのは、浅草の旦那の血鬼術で無惨を固定することが出来たからに他なりません。

名前すらないモブキャラだった浅草の旦那は、自身の人生を狂わせた無惨に対し、最大限の復讐を成し遂げたように思われます。

そして、その復讐を助けた血鬼術は、シンプルにして非常に強力。

対象が下級の鬼であれば、一撃で屠ることすら可能だったのではないかという程です。

体内で無数に枝分かれする棘は、無惨のように血鬼術を吸収できない鬼では、もはや対処のしようがありません。

更に攻撃範囲も広く、種子から棘への展開スピードも申し分ありません。

浅草の旦那が敵として登場していれば、鬼殺隊は思わぬ苦戦を強いられていたかもしれません。

鬼として生きていたら?

強力な血鬼術を開花させたものの、自我を取り戻していたが為に、その能力を鬼殺隊士に向けることは無かった浅草の旦那。

もし彼が炭治郎や珠世と出会わず、鬼として生きていた場合どうなっていたのでしょうか。

前述した通り、浅草の旦那の血鬼術は、肉の種子から無数に枝分かれする棘を展開する、シンプルにして強力な能力です。

広い攻撃範囲に加え、特筆すべきは殺傷能力の高さ。

対象の体内で細かく枝分かれする棘は、抜き取ることが困難な構造になっています。

使用する相手が鬼であった場合、無理やり引き抜いて身体を再生させればそれまでですが、人間の場合はそうはいきません。

浅草の旦那の血鬼術は、鬼殺隊士などの人間が刺された場合、その時点で勝利が決まると言っても過言ではないでしょう。

爆発によるダメージがあったとはいえ、あの無惨に攻撃を食らわせるスピードは相当なものです。

浅草の旦那が血鬼術を使って戦闘した場合、柱クラスの相手でも対処が可能なのではないでしょうか。

十二鬼月も夢じゃない?

さて、ただでさえ強力な浅草の旦那の血鬼術も、人間相手だと凶悪さを増すことがわかりました。

もし浅草の旦那が鬼としての強さを求めた場合、十二鬼月入りは可能だったのでしょうか。

まず結論から述べると、少なくとも下弦の鬼にはなることが出来たと思われます。

多少弱っていたとは言え、あの鬼舞辻無惨に攻撃を当てたことは紛れもない事実。

そしてその攻撃が、無惨をして「吸収」しか対処方法がなかった、という点もポイントです。

さらに特筆すべきは、浅草の旦那が少量の血液しか摂取していなかったという点。

もし彼が多くの人間を食べていた場合、更なる力をつけ、再生速度や血鬼術を強化させていたはずです。

そうなった場合、上述した通り、少なくとも下弦の鬼には名を連ねることが可能となるのではないでしょうか。

ただし、上弦の鬼に上り詰めるとなると、道のりは過酷であるように思われます。

上弦の陸と下弦の壱は、階級上はたった一段階の差でしかありません。

しかし、100年以上揺らぐことのなかった上弦の鬼達と、柱によって幾度となく席が欠けてきた下弦の鬼達の差は歴然。

下弦の鬼は常に上弦から虐げられる存在であった、と作中でも明かされている通り、それ程までに上弦と下弦との差は大きいのです。

上弦の鬼ともなると、単純な戦闘能力のみならず、分裂や複数能力などの特殊性を兼ね揃えています。

だからこそ、浅草の旦那が上弦に上り詰めるためには、強力な血鬼術のみでは難しいでしょう。

まとめ的なもの

以上、浅草の旦那の血鬼術や強さについて考察を行いました。

結論として第一に述べたいのが、「浅草の旦那が味方で良かった」ということです。

炭治郎や珠世と出会っていたがために踏み止まった浅草の旦那でしたが、もし彼が鬼として生きていた場合、多くの犠牲者が出ていたことでしょう。

血鬼術の強さを見る限り、柱が犠牲となる事態にも発展していた可能性があります。

そして浅草の、旦那の優秀さと共に浮き上がってくるのが、鬼舞辻無惨の無能さです。

浅草の旦那の血鬼術を全く把握していなかった無惨は、攻撃を食らった際、大きな困惑を見せていました。

産屋敷一族が「先見の明」で未来予知かのような芸当を繰り返していたにもかかわらず、同じ出自であるはずの無惨には、知的な側面がほぼ見られません。

5つの脳を持つはずの無惨ですが、知力ではなく、怒りや癇癪だけが人間の5倍になってしまっているようです。

そんな無惨に、不幸にも人生を狂わされた浅草の旦那でしたが、最終決戦冒頭では見事に一矢報いてくれました。

彼が無事人間に戻り、その後幸せな人生を送れたことを信じて、今回の記事の締めといたします。

あなたの考察や感想を、是非コメント欄に書き込んでくださいね。

それではまた♪

-鬼滅の刃
-