無限列車編 鬼滅の刃

【鬼滅の刃】テレビアニメ無限列車編の彼は彼なのか【きめつのやいば】

2021年10月18日

彼は最終決戦(無限城)の彼なのか?

みなさんこんばんは。先日放送された、鬼滅の刃・テレビアニメ無限列車編。プロモーションリール2021の発表から、様々な考察がされてきました。

そして10月10日、第1話の放送が終わりました。ここで、ある噂に耳を傾けてみたいと思います。それは、「彼が最終決戦の彼ではないか」という噂です。

最終決戦の彼とは

やけに美少年だと噂になった彼。キリっとした眉にパッチリとした目。モブにしては美少年過ぎる。彼は特別なのでは?と思われた瞬間、3コマ先で無惨に上半身をえぐり取られてしまうという、何とも無残なやられ方をしてしまいます。

鬼舞辻無惨は珠世の人間になる薬を分解中、繭(まゆ)のようなものに隠れていました。それを見つけた、無限城にいた鬼殺隊士の第一陣。お館様からは待機命令が出ているにも関わらず、美少年の隊士はこう言いました。

「待機なんてしてる場合じゃないだろ!柱が来るまでに少しでも何か役に…」

お館様の命令を無視し、無惨の繭に攻撃を入れようとした瞬間のことでした。無惨は繭から復活し、まずは美少年の隊士を惨殺。そして、次々と隊士たちを攻撃していきます。そして、鬼殺隊第一陣は全滅。

これは、美少年の隊士が悪いというわけではありません。タイミング的にまずかった。美少年の隊士は彼なりに、柱の役に立とうと、後につなげようと頑張ろうとしたのです。しかし、鬼舞辻無惨が強すぎた。

では本題。最終決戦の彼は、本当にテレビアニメ無限列車編1話の彼なのか。

テレビアニメ無限列車編の彼

彼の名前はありません。テレビアニメ無限列車編1話で、柱である煉獄杏寿郎に状況を報告する任務や、杏寿郎と同行するという、重要な任務を担っていた彼。

ストーリー的には、杏寿郎の話し相手というモブだったことは間違いなさそうですが、柱に近い存在として、隊士の中ではかなり階級が上の隊士だと思われます。おそらく鬼殺隊の最高位、甲(きのえ)の隊士かと思われます。

彼についてはプロモーションリール2021で、テレビアニメ無限列車編放送が発表された際、「こいつは誰だ?」と注目されました。

もしかしたら重要人物なのでは?彼はきっと死んでしまうだろう。様々な憶測がなされる中、そこに今回の噂も浮上してきたというわけです。

「この青年、最終決戦の彼に似ている」

ちょっと見比べてみましょう。まずは最初の登場シーン。炎柱・煉獄杏寿郎のいる飯屋に訪問する場面。ここで気づくことがあります。目の色は確かに似ている。

漫画とアニメでは若干目の描き方が異なる部分がありますが、カラー版の漫画の彼は目が灰色。そしてアニメの彼も目が灰色。これは同一人物だという線が、かなり濃厚になってきました。

では、髪型に関してはどうでしょうか。正直これは、無限列車編の時からイメチェンしている可能性もあるので、何とも言えません。二人の髪型を見比べてみると、似ているようで異なります。

アニメの彼は前髪を下ろし「THEモブ」という髪型をしています。対して漫画の彼は髪をかき上げ、主人公と言われてもおかしくのない髪型をしています。村田さんを超イケメンにした感じ。

漫画では戦闘局面なので、髪をかき上げていたという可能性もあります。隊服については、戦闘局面のため羽織を羽織っていないことから、区別はつきません。

ということで、一番重要な要素となるのは、やはり目の色でしょう。両者ともに灰色で、髪型に関してはイメチェンした可能性もあります。では、これをどう結論付けていくか。

結論

結論。

「テレビアニメ無限列車編第1話の彼は、最終決戦の彼であってほしい」

僕はこう結論付けました。これは願望です。いやしかし、そうであってほしいとは言うものの、結局は一瞬で亡くなってしまうので、そこは何とも言えないところではあります。

さすがに彼のために原作を崩すことはないと思うので、この美少年が無惨にやられてしまうことには変わりないでしょう。

だとしたら二次創作で誰かが造るか、彼がやられる際に見る走馬灯の中に、煉獄杏寿郎がいるとか。でも、彼と煉獄杏寿郎の関係性というのは、柱と一隊士というだけのような気もします。

そこまでの親密性もないような。なので、この二人が同一人物だったら面白いとは思うものの、ちょっとあっけなさすぎるかなというのが、僕の正直な感想です。

あるいは、知る人ぞ知るといった感じで、そこまで大々的に触れられなくても、実は同一人物だったと皆が密かに想いを寄せる。なんてのも乙かもしれないですね。

まとめ的なもの

いかがでしたでしょうか。みなさんはこの二人の青年について、どう感じられますか?また、僕の知らない情報などあればコメント欄で教えてください。

そして、いよいよ本日10月14日、鬼滅の刃のゲーム「ヒノカミ血風譚」のプレイが可能となりました。久しぶりにゲームをプレイするのでワクワクしています。

生配信でやりたいとは思っているのですが、ライブ配信はなかなか難しいというか、多分僕の生配信を観ても面白くないと思います(笑)明日はいろんな実況者がプレイすると思うので、他の方のプレイを観られるのがオススメです。

ただ、これからゲームを使って企画なんかも考えています。今僕は一人旅をしているので、各地で対戦して回るとか。Steamで購入しているのでそれも可能なのです。海外の方とも対戦してみたい。

プレイ動画や生配信については、公式で注意点が書かれており、無限列車編のほとんどのコンテンツは配信が禁止されています。ここはこっそり一人で、もしくはオフラインで人と一緒にやるしかありません。

また、鬼滅の刃関連の楽曲は配信禁止とのことなので、ここも注意したいところです。

というわけで、今回の記事は以上となります。それではまた♪

-無限列車編, 鬼滅の刃
-,