約ネバ

【約束のネバーランド 139】今後の鬼探しについて|約ネバ考察【ネバラン ネタバレ】

この記事は約 4 分で読めるよ♪

動画で見る▼


テキストで見る▼

こんにちわ。漫画研究所です。今回の記事は「鬼探し」についてです。

139話のラスト、まさかのハヤトがプチ黒幕でした。

今回はその辺りと、今後の鬼探しがどうなるか、考えてみたいと思います。

それではどうぞ♪

ジン軍団

ハヤトは黒でした!

と言いたいところですが、ハヤトもノーマンの命令に従っているだけで、任務を遂行しようとしているだけです。

特に悪いことを考えているというわけでもないのですが…。

ただこれは、ドンやギルダ、エマ達の気持ちは無視した行為です。

やはりラムダとラムダ系列組は、鬼に対する憎悪の気持ちが強く「鬼は絶滅するべき!」と強く考えているようです。

ここを信用してはいけないということですね。それはノーマンでも例外ではありません。

しかし、ノーマンはエマに対して、ムジカやソンジュを殺さないという約束はしていません。

ノーマンは、王家・五摂家を殺す前に戻ってこいと言っただけで、計画の変更も遅らせることもないと言っています。

なので、これも仕方のないことではあります。

そして、このジン軍団。ジンとアダムに似た者が、確認できるだけで6人。

ノーマン軍もそうでしたが、アダムが大勢いるのはめちゃくちゃ強力です。

それにこのアダムに似た者は、背中に武器を背負っています。

本家アダムにある程度知性もついた、アダム改といったところでしょうか。

これはソンジュとムジカも危ないですね。

レウウィスはアダム一人に吹っ飛ばされていましたし、アダムに軽傷しか負わせることができませんでした。

こんなに大勢のアダム改で攻撃されたら、さすがのソンジュも、ムジカを守りながら戦うというのは厳しいのではないでしょうか。

左下のアダム改なんて、特にヤバイと思います。顔がすでに怒ってます。これはヤバイ。

ジンとハヤトも、状況的にドンとギルダの敵となるわけなのですが、アイシェはどう絡んでくるのでしょうか。

鬼探し3

次回はこのまま鬼探しが続くのか、少し微妙なところです。

もしかしたらノーマンサイドに展開が移るかもしれないですし、エマとレイの話が進むかもしれません。

次のタイトルが鬼探し3になるかも微妙なところですが、今後鬼探しは、どんな展開になっていくのでしょうか。

キーマンはアイシェですよね。アイシェがどう動くのか。

アイシェが最後のコマで沈黙しているのが気になるところです。

もしかしたらアイシェは、ハヤトが怪しいと分かっているのかもしれません。

五感がかなり強いアイシェですから、ジン軍団にも気付いているかもしれません。

そうだとすると、アイシェはそれをドンとギルダに伝え、ドンギルに加勢するかもしれません。

ただ、ドンギルにアイシェが加勢したとしても、ジン軍団を倒すということは無理でしょう。

それに、ソンジュとムジカを守り抜くこともできるかどうか。

ソンジュとムジカを守るのであれば、ソンジュとも共闘し、ドンギル、ソンジュ・ムジカ、アイシェの5人で、アダム改を機能させなくするしかありません。

それかもう、逃げまくるしかないですよね。

あと気になるのは、ジンの能力についてです。

ジンもラムダ系列の子供ですので、ハヤトのように何かしらの能力があるはずです。

それが何なのか、気になるところです。

ハヤトに関しても、ただ足が速いというだけではないような気がします。

バーバラやアダムもそうですが、ラムダやラムダ系列の子供は、筋肉を増強できるのではないでしょうか。

それをどこに使うかで、重い物を持ち上げたり、足の筋肉を増強して足を速くすることもできるのではないかと。

チョッパーみたいな感じですね( ´∀` )

ということで私の予想は、アイシェは全て感づいており、ドンとギルダに加勢をする。

そして、ソンジュとムジカに遭遇した時点でバトル勃発。5人で戦うか、もしくは逃げるか。

そういった展開を予想しています。

まとめ的なもの

139話も驚きの連続でしたね。毎回毎回ネタが尽きないのが約ネバです。

私はバトル系の漫画も好きなので、そろそろ盛り上がってくる頃かなとワクワクしています。

五摂家の力も気になりますし、まさかのレウウィス登場なんてのも、少し期待しています。もしくはパルウゥス?

来週も楽しみです!

-約ネバ

© 2020 ここなの研究所