呪術廻戦

呪術廻戦 考察|伏黒恵という人間について|プロフィール・過去・人間関係【ネタバレ】

2020年6月24日

この記事は約 3 分で読めるよ♪


みなさんこんにちわ、ここなです♪

今回の記事は「伏黒恵という人間」についてです。

それではどうぞ♪

伏黒恵

東京都立 呪術高専の一年で、虎杖悠仁と 釘崎野薔薇の同級生。

物語当初から二級術師で、単独での行動を許されている 唯一の一年です。

御三家の一つ 禪院家の血を継いでおり、禪院家相伝の「十種影法術」を使いこなします。

誕生日は12月22日。

身長は175センチで、まだ成長中とのこと。

出身は埼玉、趣味は 実話系の本を読むこと。

好きな食べ物は 生姜に会うもの、嫌いな食べ物はパプリカです。

イメージソングは 宇宙人の白日夢と、Weezerの Island In The Sun。

アニメでの声優は 内田雄馬さんです。

名字のフシグロという名前は 花からちなんだ名前のようで、イタドリという花と 同じ仲間の花なんだそうです。

野薔薇にも一応、名字ではありませんが バラという花が名前にあるので、一年は全員 名前に花を持つという共通点があります。

過去

幼い頃に実の母を亡くし、父の伏黒甚爾の次の相手の子、血の繋がらない姉である 津美紀と共に育つ。

小1の時に甚爾が蒸発し、その後津美紀の母も失踪。

その後は津美紀と恵の二人で、生活していくことになります。

恵は甚爾の資金源のため、禪院家に売られる予定となっていました。

しかし、それをよく思わなかった五条悟が 甚爾を倒した後に恵を保護。

将来呪術師として働くことを担保に、恵は高専から金銭援助を受けることになります。

恵は中学時代、そんな呪術師としての道に反発していましたが、津美紀が呪いで倒れてしまったことにより、呪術師となることを決意します。

恵の中学時代についてですが、ヤンキーだったというよりは、悪いことをする子を懲らしめる、必要悪的な存在でした。

しかし それは暴力による支配だったため、大人からは 問題児の烙印を押されています。

多分こういう時大人は「あの子は可哀そうな子だから」としか恵を見てあげられず、下手したら恵は 悪の道に逸れていっていたかもしれない。

恵は自身の決意により 呪術師を目指すことになりましたが、そこではやはり 五条悟の存在も大きかったのではないでしょうか。

五条悟は大人として、恵の過去や性格を 一番理解していたのではないかと思います。

恵は五条悟に対し あまり好いていないといった感じを出していますが、本当は命の恩人として 口には出さないけど特別な想いはあるはず。

五条悟の強い想いと人間性について、恵も気づいてはいるでしょう。

関係性

恵が 呪術師を目指すことになったキッカケ。

それは姉も含め「幸せになるべき善人が報われないこと」に疑問を持ったことが発端でした。

恵の夢は、呪術師となり 少しでも多くの善人が、平等に幸せを享受できるような世界を作ること。

その想いは、虎杖の爺ちゃんが言っていた「とにかく人を助ける」と通じるものがあります。

そして、それは釘崎も同じです。

自分の身や合理的判断よりも 人質の身を案じた釘崎は、間違いなく恵も認める善人。

恵は二人のことを煙たがってはいるものの、本心では 二人との娯楽は悪く思っていない様子。

五条悟に対しては、彼の言動や行動に ついていけない部分はあるものの、一応命の恩人として、そして最強すぎる師匠として、いざという時は頼れる存在と思っているはず。

しかし 恵が本当に尊敬しているのは、乙骨憂太だけだといいます。

まとめ的なもの

今回は、伏黒恵という人間について まとめてみました。

次回は恵の術式について まとめてみたいと思います。

アニメでの宿儺との戦い。

早く見たいですよね♪

ということで、今回はこのあたりで♪

-呪術廻戦

© 2020 ここなの研究所