継国縁壱 鬼滅の刃

【鬼滅の刃】最強剣士・継国縁壱に鬼が勝つ方法を考察しました【きめつのやいば 縁壱】

縁壱に勝つ方法が判明しました

原作鬼滅の刃の最終巻が発行されてから、1年以上の月日が経ちました。アニメ化や各種ゲームとのコラボなど、数々のメディアミックスを成功させており、その勢いは衰えるどころか加速し続けています。

さて、そんな鬼滅の刃に登場するキャラクターの中で「最強」と言えば、あなたは誰を思い浮かべますか?

主人公・竈門炭治郎でしょうか。それとも鬼の始祖・鬼舞辻無惨でしょうか。様々な考察を生みそうなテーマではありますが、原作ファンのほとんどは、あのキャラクターを思い浮かべるはずです。

継国縁壱。

始まりの呼吸こと日の呼吸の使い手である縁壱は、およそ人とは思えない、圧倒的な強さを持つ剣士です。痛烈無比な縁壱の強さは、敵である鬼に対して恐怖を刻み込むに飽き足らず、味方サイドにまで絶望を振りまきました。

ストーリー開始時点では既に故人だった縁壱ですが、その死因は老衰。つまりは寿命。敗北が死を意味する鬼狩りの世界で、一度も敗北を喫することなく天寿を全うしたのです。

さて、そんな最強の剣士縁壱が、もし炭治郎らが生きる大正の世に生まれていたら、鬼たちは対処が出来ていたのでしょうか。今回は無惨率いる鬼たちが、継国縁壱に勝つ方法を考察していきます。

無謀な考察に挑むこの動画に、いいねとチャンネル登録をよろしくお願いします。あなたが考える縁壱の倒し方も、是非コメント欄で教えてくださいね。では参ろう。

鬼滅の刃 最強の剣士 継国縁壱

そもそも継国縁壱とは?継国縁壱は、武家に生まれた物静かで心優しい人物です。先天的に「透き通る世界」を視認することが可能だった縁壱は、幼少期から圧倒的な才能の片鱗を覗かせていました。

額に生まれつきの痣があった縁壱は、継国家の当主であった実父から疎まれ、貧相な生活を強いられます。そんな縁壱の実兄にして、継国家の家督を継ぐ者として期待されていたのが、後の上弦の壱・黒死牟こと継国巌勝です。

ある日縁壱は、兄・巌勝を指南する人物に誘われ、竹刀で打ち込み稽古を行うことに。指南役が口頭で構えや持ち方を指導すると、即座に稽古が開始されました。その結果は縁壱の圧勝。

当時の縁壱は齢わずか7歳にして、兄の巌勝が一本すら入れることが出来なかった相手に、4発もの打ち込みを見舞ってみせました。縁壱の圧倒的な強さは、7歳の時点で既に開花しており、巌勝に挫折を味わわせます。

その後、指南役が継国家当主にこの出来事を報告したことで、兄弟2人の立場が逆転する危機が訪れました。しかし、それにいち早く気が付いた縁壱は、母の死を機に家を出る決意を固めます。

家を出た縁壱は、欲望のままに走り始めます。生来の超人的な体力によって、夜が明けてもなお走り続ける縁壱。

走った先で見知らぬ地に辿り着いた彼は、同じ年頃の女の子と出会いました。彼女の名はうた。流行り病で家族を全員亡くしたと言ううたに、縁壱は一緒に帰るよう提案します。

うたとの生活の中で、自身と他者との「世界の見え方」が異なることを知った縁壱。それから10年の時を経て、2人は夫婦になります。うたの臨月が近付いた頃、縁壱は産婆を呼ぶために町へ繰り出しました。

その道中で縁壱は困り人と出会い、帰りが遅くなってしまいました。日が暮れた頃に家に辿り着くと、うたが腹の子諸共絶命している姿を目の当たりにします。

「家族と静かに暮らす」という夢を持っていた縁壱。しかしその夢は、ある日突然現れた鬼によって、踏みにじられることとなりました。この出来事がきっかけで、縁壱は鬼狩りになる道を選びます。

鬼狩りとなった縁壱は、誰にでも自身の剣技・呼吸を教えました。しかし、誰一人縁壱に着いて行くことは出来ません。

そこで縁壱は、指導する対象に合わせ、それぞれ違う呼吸法を指南することに。この指導が功を奏し、それぞれの剣士は、日の呼吸の派生の呼吸を体得するに至りました。縁壱は指導者としても優秀な人物です。

鬼狩りとして、比肩する者の居ない強さを振るっていた縁壱は、やがて鬼舞辻無惨と対峙。無惨の戦闘力は、縁壱にすら死を感じさせるほど強力なものでした。

無惨と対峙した縁壱は、戦闘の最中に日の呼吸の型の完成に至ります。決着は一瞬でした。無惨の攻撃を避けた縁壱は、続く攻撃が繰り出される前に、赫刀を使って無惨の頸・胴を切り落とします。

しかし、結果的に無惨は逃亡。その後縁壱が寿命を迎えるまで、無惨が表舞台に現れることはありませんでした。

縁壱は無惨を倒し損ねたことや、無惨の侍っていた鬼の珠世を逃がしたこと、兄の巌勝が鬼になったことを責め立てられ、鬼殺隊を追放されてしまいます。

無惨を倒すべくして生まれたかのような、比類なき強さを持っていた縁壱。しかし彼は、無惨を倒すことに失敗してしまい、鬼殺隊という居場所すらもなくしてしまったのです。

そんな縁壱が炭治郎の先祖と出会うのは、また別のお話。

縁壱の強さ

さてここからは、話題を縁壱の強さに絞ってご紹介します。一番にご紹介すべきは、透き通る世界でしょう。

生まれた頃から他者の身体を透けて視認することが出来た縁壱は、筋肉の動きから相手の動きを先読みすることが可能でした。

猗窩座が「至高の領域」と表現していたこの領域。作中で登場した人物の中で、先天的にこの能力を持っていた人物は縁壱の他に存在しません。

炭治郎はもちろん、鬼殺隊最強の剣士・悲鳴嶼行冥ですら、後天的に透き通る世界を獲得しています。

縁壱の強さは透き通る世界だけに留まりません。彼にはわずか7歳の時点で、休まず走り続けても疲れない体力と、大人を遥かに凌駕する身体能力が備わっていたのです。

縁壱は、透き通る世界を視認できたから最強だったのではありません。透き通る世界を使いこなす身体能力も持っていたからこそ、最強だったのです。

そして縁壱は、10日間飲まず食わず、且つ同じ体勢で居続けても身体に異常をきたさないという、異常な身体構造の持ち主。

さらには、25歳までに例外なく死に至るという痣が発現してなお、80歳以上まで生き続けるなど、とても人間とは思えない超人エピソードが複数描かれています。

およそ人間の理解が及ばない「理の外側」に立っている縁壱。そこでは種族の差など微々たる問題であり、縁壱の前では鬼舞辻無惨でさえ、為す術なく倒されるのみでした。

縁壱に弱点は存在するのか

ここまでは縁壱の生い立ちや、その強さについてご紹介してきました。改めて振り返ってみると、とにかく最強過ぎる縁壱。鬼舞辻無惨ですら敗走する他なかった人物ですから、他の鬼が束になっても勝てない気がしてしまいます。

そんな縁壱に打ち勝つためには、彼の弱点を探る必要がありそうです。一見して弱点すら存在しないように思われる縁壱ですが、作中で浮き彫りになっている事実として「強過ぎる」という点が挙げられます。

本記事冒頭でも触れましたが、縁壱はその強さゆえに、味方にも絶望を振りまいた存在です。

現に煉獄杏寿郎の父・慎寿郎は、日の呼吸の使い手である縁壱の記述を見ただけで、自信を失ってしまいました。当時の縁壱の強さを間近で見ていた剣士たちは、慎寿郎以上の無力感に苛まれたのではないでしょうか。

しかし今回の考察において、この点は弱点足り得ません。なぜなら縁壱には、仲間を必要としない強さが備わっているからです。

また、他の漫画作品の最強キャラクターの中には、強さに胡坐をかいて隙を晒すシーンも散見されます。一方の縁壱は、最強キャラ特有の油断や隙を一切見せないのです。縁壱は常に驕らず、水面の如く静けさで躊躇なく相手に斬りかかります。

どうやら最強であることは、縁壱の弱点にはなり得ないようです。

無理やりにでも縁壱の弱点を作り出すとするならば「人間であること」でしょうか。理の外側に居るような超人である縁壱も、身体構造は人間です。

鬼のように瞬時に負傷を癒す能力は持っていませんから、一度腕や足を失えば、二度とそれらが戻ることはありません。

しかし縁壱は、鬼舞辻無惨ですら攻撃を与えることが出来なかった人物。他の有象無象が、縁壱に傷を負わせる姿は想像も出来ません。

弱点など一切存在せず、勝てるビジョンが思い浮かばない継国縁壱。
さて、彼を倒す方法など存在するのでしょうか。

縁壱を倒す方法

ここからは本記事の主題である「継国縁壱に勝つ方法」について考察していきます。

その壱:人質をとる

その壱としてご紹介するのは、単純にして悪役にしか出来ない方法。卑怯ということなかれ。鬼たちにとって縁壱は、種の存亡に関わる重大な敵。討ち取ることが出来るならば、どのような手段でも採るはずです。

こう言っては何ですが、鬼舞辻無惨が人質を用いる姿は、容易に想像することが出来ます。

「縁壱なら一瞬で人質を救い出すでしょ」とお思いになられたあなた。その通りです。どの鬼が人質作戦を敢行しても、縁壱であれば一瞬で鬼を無力化し、人質を救い出してしまうでしょう。

しかし、もし人質の数が複数であればどうでしょうか。2人の鬼が2人の人間を人質にとれば?ギリギリ対処されるかもしれません。では3人は?4人は?鬼と人質の数が増える程、縁壱には為す術がなくなってしまいます。

縁壱の根底にあるものが「鬼への復讐心」であれば、この方法は一切通用せず、人質ごと全ての鬼が屠られることでしょう。

しかし縁壱には、人を想う心が備わっています。他者の命と自身の命を天秤にかけた時、果たして縁壱は自身の命を優先させるのでしょうか。

初手の方法が極悪人のそれですが、縁壱という怪物を倒すためには、手段を選んでいられなかったという点をご理解いただければ幸いです。

とはいえこの方法は、縁壱の気持ちの部分に訴えかける作戦ですから、失敗する可能性も十分に考えられます。

また極端な話ではありますが、100人の鬼が100人の人質をとっても、縁壱であれば全員救い出してしまっても不思議ではありません。縁壱を倒す方法としては、決定打に欠けるようにも思われます。

その弐:複数の上弦で袋叩き

その弐としてご紹介するのは、ともすれば誰しもが最初に思い浮かべるであろう「上弦連合」。

前提として鬼たちは、鬼舞辻無惨から群れる事を禁じられています。だからこそ作中で、複数の鬼がタッグを組んで戦う様子はほとんど見られませんでした。

遊郭編では堕姫と妓夫太郎による連携攻撃が目立ちましたが、彼・彼女は2人で上弦の陸なので特別枠。

とはいえ、複数の上弦が勢ぞろいしたところで、縁壱からすれば的が増えるだけに思えます。どのように戦えば、縁壱を死に至らしめることが出来るのでしょうか。

その答えは、「密度」です。

圧倒的な手数が売りの黒死牟や、氷を用いる童磨、多数の分裂体による多彩な攻撃手段を持つ半天狗など、上弦の鬼には個性的なメンツが多く揃っています。

童磨の氷によって縁壱の息を奪いつつ、他の上弦メンバーの多種多様な攻撃で縁壱を疲弊させ、隙が生じた時点で致命的な一撃を叩き込む。これが第一の方法のコンセプトです。

鬼には再生能力がありますから、身内を巻き込むような大胆な血鬼術も気にせずに展開することが出来ます。

縁壱の透明な世界対策として、他の鬼の背後に隠れ、その鬼ごと攻撃を叩き込む、という無茶な作戦も敢行することが出来るわけです。

この方法のキモは、とにかく縁壱に休む暇、思考する暇、反撃する暇を与えないこと。少しでも気を抜けば、手痛い反撃が待っていることは自明ですから、縁壱を守り一辺倒の状況に陥らせることが重要です。

その参:鳴女+上弦の鬼

最後にご紹介するのは、その弐の方法に鳴女を加えることで、更に縁壱討伐の可能性を押し上げる方法です。

鳴女は異空間・無限城を司る女性鬼であり、琵琶の音と共に無限城そのものを動かすことが可能です。彼女の能力を的確に用いれば、縁壱の動きを制限しつつ、味方の鬼をカバーすることが出来るでしょう。

姑息な手を使うのであれば、食事や入浴・睡眠等の、縁壱が帯刀していないであろうタイミングを狙って無限城に落とす、という作戦で勝率を上げることも可能です。

とはいえ縁壱が、素手で戦った場合の戦闘力は完全に未知数ですから、素手でも鬼を倒し得る強さを持っていた場合、手の施しようがありません。

しかしながら、巨大な構造物を掌握し、その配置を自由に変化させることの出来る鳴女は、まさしく可能性の塊。彼女が完璧なサポートに徹することが出来れば、縁壱討伐も不可能ではない気がします。

当サイトでは、鳴女こそが鬼滅の刃の最強キャラクターではないか、という考察も行っていますので、是非併せてご覧ください。

結局縁壱は倒せない?

以上3つの方法を考察しましたが、いかがでしたでしょうか。継国縁壱は、生涯誰にも敗北することがなかった作中最強の剣士。そんな人物が以上のような方法で、命を落とすとは考えにくいところでもあります。

作中で鬼の始祖・鬼舞辻無惨がとった継国縁壱に勝つ方法は「寿命を待つ」という方法でした。本記事でも触れた通り、継国縁壱の弱点を無理やり上げるとするならば、それは人間であること。

無惨はそんな縁壱の弱点を的確に突くことで、最も確実に縁壱を屠り去り、且つ自身のリスクを排除することに成功しました。

縁壱の強さが明らかになればなるほど、無惨の採った方法は正しかったように思われます。臆病者と嘲笑われようと、自身や種の滅亡に比べれば些末な事です。

「戦闘で劣っているのであれば、寿命という埋められない差で勝ればいい」という判断は合理的であり、事実としてこの方法は成功に終わりました。

とはいえ、無惨は自身の中に「恐怖」という形で残った縁壱を、最期まで払拭できていませんでした。「勝負は痛み分け」といったところでしょう。

ここまで考察を行ってきましたが、最も確実な方法は、実際に無惨が行った「寿命を待つ」の他になさそうです。

直接対決で縁壱に勝つ方法は存在しないのでしょうか…。いや、一人だけ縁壱に勝つことが出来る可能性を持った人物が存在します。そう、鬼の王です。

鬼の王 竈門炭治郎

鬼滅の刃23巻にて、鬼殺隊士らの奮闘によって敗北を喫した無惨は、自身の持てる力を竈門炭治郎に注ぎ込みました。

ヒノカミ神楽こと、日の呼吸を使いこなしていた炭治郎は、鬼の王としての素質を持っていた人物。無惨の全てを注ぎ込まれても死に至らず、それどころか、太陽を克服した最強の鬼として覚醒するに至りました。

正気を失くした炭治郎は、人語を解さず、獣のような風貌で鬼殺隊に牙を剥きます。彼の背中からは無惨の血鬼術を思わせる物質が飛び出ており、衝撃波のような攻撃も見られました。

結局鬼化した炭治郎は、禰豆子や鬼殺隊士らの尽力によって救出。無事に人へと戻ることが出来ました。

彼がもし、あのまま鬼の王として成熟していれば…。そしてもし、日の呼吸をも操ることが出来る鬼になっていれば…。あの継国縁壱すら超える、圧倒的な存在に進化していた可能性は十分に考えられます。

鬼化した炭治郎の状態は、足し算で表すならば「鬼の身体能力」+「無惨の血鬼術」+「ヒノカミ神楽(日の呼吸)」。

通常の鬼であれば、マイナス要素として太陽や斬首が食い込みますが、炭治郎は太陽の克服に至っています。無惨の全てを受け止めているため、恐らく頸の切断も弱点足り得ないでしょう。

つまり、継国縁壱が大正の世に蘇ったとしても、鬼の王として覚醒した炭治郎であれば、勝利する可能性は十分考えられるのです。

まとめ的なもの

以上、継国縁壱に勝つ方法と銘打って、大真面目な考察を繰り広げましたが、いかがでしたでしょうか。繰り返しになりますが、縁壱はとにかく人間離れした超人的な存在です。

まともなぶつかり合いでは、傷をつけることすら難しいはずですから、自然と姑息な手段や奇をてらった方法が多くなってしまいました。それだけ縁壱が強敵だったということで、一つご容赦を。

あなたはどのような方法なら縁壱を倒せると思われますか?是非コメント欄で考察をお寄せください。今回の記事は以上となります。それではまた♪

-継国縁壱, 鬼滅の刃
-,