タイムパラドクスゴーストライター

【タイムパラドクスゴーストライター】2話考察|主人公はどこまで堕ちていくのか?伊月との出会いで、今後の展開はどうなる?

2020年5月27日

この記事は約 3 分で読めるよ♪


みなさんこんにちわ、ここなです。

今回は「タイムパラドクス ゴーストライター」2話についての考察です。

ジャンプの掲載順から見ても、この作品、初回は人気が出たようですね♪

結構闇が深そうなので、この先にも期待♪

ということで、考察開始♪

タイムパラドクス

今回主人公の哲平が、ようやく盗作をしたという事に気づきました。

そして、未来の作品を過去に出したことで、タイムパラドクスが起きる。

哲平の見解では、読み切りを掲載した時から、世界線が二つに分かれたと言っていますね。

つまり、アイノイツキが10年後に、ホワイトナイトを連載する世界線と、哲平が現在にホワイトナイトを連載する世界線。

二つに分かれた世界線の一方から、哲平のいる世界線に、ホワイトナイトが掲載されたジャンプが送られてくる。

なんとも不思議な出来事です。

哲平の罪

一見すると、世界線が二つに分かれたとするなら、もう一つの世界線は影響を受けていないので、哲平の罪は薄まったようにも思えます。

しかし、今回も登場している現在のアイノイツキにとっては、とんでもない事態です。

伊月の家には、ずっと練りに練られたと思われる、構成が書かれた用紙が、部屋中に敷き詰められていました。

ずっと幼い頃から、ホワイトナイトの連載だけを夢見て、頑張ってきたのでしょう。

そんな一人の少女の夢を、訳も分からずぶち壊しにしたのです。

哲平はまだ気づいていないとはいえ、この哲平の罪は重い。

哲平も十分罪の意識にかられていますが、問題はこの先ですよね。

藍野伊月が目の前に現れたことで、哲平がどういった判断を下すのか。

ここからが見ものです。

どうなる?

次週も、波乱が待ち受けていそうな予感。

藍野伊月は間違いなく「どうして私の作品を知っているの?」的なことを言い出すでしょう。

それに対する哲平の返答次第で、物語は大きく変化していくでしょう。

考えられるのは二つ。

ごめんなさいと謝るか、知らないと逃げるか。

きちんと謝って、本来の作者に権限を渡すなり、合意して彼女と一緒に連載を続けていくなりすれば、事は収まるかもしれません。

ただその場合、ストーリーとしては綺麗すぎるので、どうなのでしょうか。

そしてもう一つの、逃げてしまった場合。

逃げてしまうと、非常にまずいことになりそうです。

刺されてもおかしくはない。

著作権的には哲平が先に連載しているため、哲平が逃げ切ることができます。

伊月が後から同じ連載をしたとしても、それこそ盗作になってしまいますし…

伊月が、10年後のジャンプの秘密を握ってしまえば、なんとか逆転もできそうですが、現状は伊月が不利な状態です。

ストーリー的にはこちらの方が面白い気がしますが、哲平の闇落ちを見ていくことになるでしょう。

果たしてどうなるのでしょうか。

まとめ的なもの

次週は哲平の判断次第で、大きく物語が揺れそうです。

哲平は変な義務感を抱いていますが、伊月と出会ってもそれを貫き通すのか、本当に闇落ちしてしまうのか…

次週を楽しみに待ちたいと思います。

また、10年後からジャンプを送ってきたのは誰なのかについても、この先少しずつ明らかになるかもしれないので、そこも注目ポイントです。

ということで、今回の記事は以上です♪

みなさんの意見も、コメント欄でお待ちしています♪

それではまた♪

-タイムパラドクスゴーストライター

© 2020 ここなの研究所